ソーシャルデベロッパーとは何か?

みなさん、こんばんは。

乾燥しっぱなしだった横浜で、今年初めてまとまった雨が降っています。
予報によると、夜中に雪に変わるとも言われていますが、どうでしょうか。

さて、以前の記事でETIC.社会起業イニシアティブの2018年社会起業家に選出されたことをお伝えしました。

▼オフィシャル起業家案内ページ
https://kigyojuku.etic.or.jp/entrepreneurs/%E8%8D%92%E4%BA%95%E8%81%96%E8%BC%9D/

昨年6月から始まったこの怒涛のプログラムも、3月の卒塾に向け終盤に差し掛かっています。

僕が行っている事業について、「何をしたいのかよく分からない」「説明が長すぎる」といったことを色んな方からご指摘を受けました。
たしかに、自分の立場は厳密にいうと物件の「大家」ではないし、別にカリスマ的な大家を目指している訳ではありません。

かといって、とにかく地域のために慈善活動を行うNPOでもなく、株式会社という形態を取ってる以上、やはり事業で儲けていくという立ち位置であることは明確にしておきたい。というのが率直なところです。

「リノベーション」という言葉も大変便利ですが、都市部において「リノベーション」された物件はとても洗練されていて、ハイスペックで、大手デベロッパーもどんどん参入してくると市場となっています。そういった物件では、意識が高い系の人がこだわりのコーヒーをリビングで飲むようなイメージがあるのですが、そこを追及するのもちょっと違う気がするのです。

もっと都市生活の根底にある、負の連鎖。

空き家、空きビル、空き店舗の所有者が増え、社会的に孤立する単身者、高齢者、子育てに疲弊する人もまた増える社会。
そんな中、地域や社会のために物件を活用して欲しいという所有者が確実に存在する。
その一方で、NPOや活動団体は、地域での活動拠点(賃貸住宅でも、事務所でもない場所)を求めている。

これら両方のニーズをうまくコーディネートすることはできないか?
もしこれが実現できれば、多くのビジネスを生むきっかけとなるのに。と強く思う訳です。

ただ思うだけではなく、人に伝えるにはどうすれば良いか色々検討した結果、一つの造語が頭に浮かびました。

それが「ソーシャルデベロッパー」です。

社会課題の解決を目的として、地域やNPOと協働で不動産再生をおこなう開発事業者のこと指します。
まったく新しい概念ではなく、すでに実践されてる企業さんもいらっしゃると思うのですが、あえて一言にまとめてみました。


今の僕の事業というよりも3年後にありたい会社のイメージであり、この造語をみんながパクって、社会的な開発事業者が広く認知されたらと願っています。
残りの社会起業塾で、さらにブラッシュアップしますのでご期待ください!

2019年がスタートしました

みなさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


さて、みなさんは今年の目標決めましたか?
年が明けると聞いてくる人たまにいますよね。
むしろ、1月1日の0時を回って数十秒しか経っていないときに突然質問されて、反射的に口にしたのが、「家内安全」「商売繁盛」でした(笑)
別に決定した訳ではありません。ただ、あながち間違ってもないなと思いました。

2018年の漢字が「災」でしたが、やはり家庭、家族が一番大事。この軸からブレてはいけないと感じています。
そして、昨年からETIC.社会起業塾にも参加していますが、次の事業を進めることに注力していきたいです。

僕は年末年始を、しぇあひるずヨコハマで過ごしました。
2018年に行った年越しカウントダウンイベント、2019年も行いました。
僕は基本的には自宅を年越しします。海外に行くことは多分ないでしょう(笑)

そして、どうせ自宅で過ごすなら楽しい方がいい。ご飯もお酒も時間も、みんなでシェアするとそれだけで思い出になるのです。
(0時を回っていきなり不意打ちの質問されるのも、そのせいです!)

年越しのポイントとしてはこんな感じです。

☆年越しそばが食べられる!
☆横浜港の除夜の汽笛が聞ける!
☆上映会やミニカラオケ会!
☆神奈川宿の名所、本覚寺・洲崎神社で初詣!
 本覚寺では除夜の鐘がつける!(要整理券ゲット)
☆スカイデッキから初日の出が拝める!


これらは、しぇあひるずヨコハマとその周辺でコンパクトに楽しめることですが、もっと多くの人に知ってほしいです。
今年も延べ14人がカウントダウンに参加しました。早く帰る人もいれば、2時過ぎてから来る人もいる。その自由さが良いと思っています。

IMG_0191.JPG


横浜上空に雲がたくさん広がっていて、初日の出が見られるか心配でしたが、運よく雲の切れ間から美しい日の出を拝むことができました!

平成の世も間もなく終わり、次の時代へと移り変わっていく大事な年になるでしょう。
みなさんと一緒に、その変化を楽しめる一年にしていきますので、どうぞよろしくお願いします!
posted by ちゅーさん at 07:54Comment(0)日記

築古の賃貸物件をどのように改修・収益化するか?

みなさん、こんにちは!

今年も気がつけばあと1週間となってしまいました!
あまりの仕事量、イベント、忘年会、年賀状、大掃除など、やることが山積み過ぎて、今年を終われる気がまったくしません!
さて、どうしたもでしょうか???

僕の仕事は暮らしを運営することなので、基本的に「仕事納め」という概念がないのですが、いわゆる不動産業的な視点に立てば、1月~3月に掛けてが繁忙期であり、その直前の年末も当然忙しくなります。
なぜ1月~3月が繁忙期なのかというと、進学や就職などに合わせた物件の契約更新が3月に集中するためです。

僕が築古物件再生のエキスパート「モクチン企画」のメンバーとして協働していることは、以前にも書かせて頂いたと思います。
モクチンレシピ」という改修のアイデア集を公開することで、木造賃貸アパートを中心とした物件を戦略的に活用していくNPO団体です。

▼モクチンレシピ
https://mokuchin-recipe.jp/

今年1年を振り返ると、「うちの古い物件をどうしたらよいか?」という相談をよく受けるようになりました。その背景にあるのは、物件のオーナーさんの世代交代です。
通常、オーナーさんはその一族の「長」であることが多く、高齢化が進んでいます。
しぇあひるずの時もそうでしたが、オーナーさんが若い頃(例えば40歳)に建てた物件は、40年も経てば立派な築古物件となり、オーナーさんもまた、管理能力がなくなってきているという状況です。そうなると、その下の世代は、おのずと売却や改修や建て替えを考えることになります。

そうした選択肢の中で比較的リスクの少ないのが、改修によって新しい入居者を募集する方法ですが、毎回毎回、個別に相談に乗ったり、改修にまつわる手順を手取り足取り教えてたのでは、時間がまったく足りません。

そこで、モクチン企画では、物件改修ノウハウを伝授する特別講座、「モクチンスクール」を1月21日に開講いたします。

school_main.png

▼モクチンスクール詳細および申込
https://mokuchin-recipe.jp/terms/school/


大家さん、不動産会社さん、工務店さん向けではありますが、どなたでも申し込み可能なので、気になる方はぜひチェックして頂けると嬉しいです!

2018年残りあとわずかですが、張り切っていきましょう!
posted by ちゅーさん at 11:22Comment(0)相談