自分を導いてくれる人は誰か?

みなさん、こんばんは。

今日は会社経営のお話です。

普段はあまり意識をしていませんが、ときどき「社長」と呼ばれます。
そうです。僕は株式会社の社長なのです。

会社の社長ともなれば、サラリーマンにとって最大の悩みの種ともいえる「うるさい上司」がいなくなるので、ものすごく恵まれた仕事環境のように思われます。ただ、実際に経営者になって日々感じさせられるのは、意思決定を自分自身でしっかり行い、最後までその責任を負うことの、これでもかという「大変さ」に他なりません。
(もちろん良いこともあります)

当たり前のことですが、上司と部下の関係が存在している会社であれば、部下の失敗は上司の責任になります。逆に、上司がいない社長は自らが全責任を負うわけです。

新卒で入った会社、そのあと転職した会社を振りかえってみても、僕は上司その環境に恵まれてきたなと最近よく思います。
愛情をもって叱ってくれたこと、ミスを許し次のチャンスを与えてくれたこと、成果が出ない間もしっかり給料を払ってくれたことなど、本当に有難い限りです。

今日は、ある不動産会社さんの社長と社員の方が、ランチミーティングでしぇあひるずヨコハマにいらっしゃいました。非常に苦労をしながら、ご自身で会社を大きく成長させた社長の話は、説得力の塊のようです。

「とにかく課題に直面したら自分で必死に考え抜くこと」

「マイナスをトントンにするのではなく、十分に儲けを出すこと」

「本気でやるなら、銀行を説得できるところまで具体的に数字を詰めること」

「働き盛りのときに全力でやりきったことは、結果が出なくても財産になる」



心に響きました。
こういう風にやる気を引き出してくれる上司の下で働きたいと純粋に感じるところであります。

僕は、これまでの社会人経験の中で「あの人のいうことは反論せずにちゃんと実行しよう」
と決めている人が何人かいますが、判断に迷ったときにあの人ならどうするのか、想像しながら戦略を練っています。

ただし、矛盾のように聞こえるかもしれませんが、最後に重要な「直感」だけは、自分を信じるしかないという考えも併せもっています。
これまでの成功者と同じ発想をしるうちは、堅実かもしれないけど発明的なものは生まれてこない。
その感覚に近い記事があったので、少し紹介しますね。

▼言った本人も気づかない「イノベーションを阻害する決まり文句」とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00150300-diamond-bus_all

--(一部抜粋)-------------------------------------
社長は「私だって新規事業は立ち上がってほしい。
だから、君たちの案がどれだけ確実に事業となるのか、私を納得させてもらいたいのだよ」と言った。

実はこれこそが、イノベーションを阻害する決まり文句だ。
言った本人すら、これがイノベーションの芽を摘んでいることに気が付いていないのである。
過去の成功体験に縛られている「賢い大人」を最初から納得させることは不可能だ。
もし逆に納得させられる案であったら、それはイノベーションから程遠いと考えるべきだろう。
--------------------------------------------

いかがでしたか、非常に考えさせられますよね。
今年一年のまとめの時期に入ってきますが、多くの方にご指導いただきつつ、頑張ってまいります!

神奈川区エリアイノベーターズ活動近況もろもろ

みなさん、こんにちは。

今日も透き通るような青空で、冬のような陽気ですが、いかがお過ごしでしょうか?

このひと月ほど、地元神奈川区での活動や交流が活発です。
前回のブログでも、地域づくり大学校の懇親会のことを書きましたが、7日には区役所にて「区内の団体交流会」に「神奈川区エリアイノベーターズ」として参加してきました。

23316766_1513380752080245_492128159684560996_n.jpg

39団体が参加したこちらのイベントでも、つながりの深堀りができた他、初めてお会いした「神奈川区いまむかしガイドの会」の方から、
「しぇあひるずの新聞記事の切り抜き取ってありますよ」
と言ってもらえてうれしかったです。
▼NPO法人神奈川区いまむかしガイドの会
http://imamukashi.kilo.jp/

また、しぇあひるずで行われたハロウィーンナイトの様子がタウンニュースに掲載されました。

tnHW.JPG

このイベントも、エリアイノベーターズを中心とした地域の方々のサポートを受けて実現しまして、最近はタウンニュースさんも、下記グループページに投稿をしてくれるので、情報の共有が早く色んな方にシェアできるようになりました。
▼神奈川区エリアイノベーターズページ
https://www.facebook.com/groups/1084379924985529/

その他、エリアイノベーターズの活動の一環として、下記のような上映イベントを予定しています。
▼映画「うまれる」横浜市5会場で上映!各会場で幸せな夫婦・家族を増やす企画を実施
http://la-bonheur.jp/event.html
場所:みんなの食場さん、しぇあひるずヨコハマ

umareru.JPG
umare2.JPG

ご都合つく方は是非、ご参加ください!!
posted by ちゅーさん at 11:05Comment(0)日記

住む、学ぶ、泊まる、その次は何ができるか?

みなさん、おはようございます。

しぇあひるずヨコハマは、賃貸住宅でありながら、
まちづくりの拠点として様々な活動が展開されています。

10月これまでの行事を振り返りますと、「鉄道」「行政」「インバウンド」の3つがキーワードとして挙げられます。

まず、「鉄道」についてですが、「鉄道の日」と定められた14日に
「鉄道開業145周年を祝う会」というイベントを開催いたしました。

鉄道の日.JPG

多くの方は、鉄道とどういう関係があるの?と疑問に感じるかもしれませんが、
しぇあひるずヨコハマのある高島台は、日本初の鉄道事業の立役者である「高島嘉右衛門」ゆかりの地でもあります。
また、かつての東横線の「高島山トンネル」の真上に位置し、横浜の鉄道の移り変わりを140年以上見守ってきました。そんな場所だからこそ、横浜や鉄道についてもっとざっくばらんに語りたいと思ったのです。

IMG_0915.JPG

ゲストには横浜市政策局の関口昌幸さん、そして、猫電車や池上線一日無料で話題沸騰中の東急電鉄から平江良成さんをお招きし、お酒とシウマイ弁当を食べつつ、しぇあひるずならではのリラックスした雰囲気でトークが展開されました。
メインは夜でしたが、昼前からは敷地にGゲージの鉄道を模型を走らせたりして、近所の子どもにも喜ばれました。

「行政」についてですが、今年は神奈川区区政90周年ということで、区内も盛り上がりを見せています。神奈川区民まつりは家族で一般参加、19日には神奈川区が大好きな人のトーク会にて、区役所で講演。
そして、29日には「神奈川区地域づくり大学校」の交流会もしぇあひるずで開かれます。

22450040_1494200137331640_9166174609170611839_n.jpg

地域づくり大学校が始まる
http://www.townnews.co.jp/0117/2017/10/05/401249.html

神奈川区地域づくり大学校は、僕は昨年受講生として参加させて頂きましたが、1年経つか経たないかの間に、交流会の拠点として利用してもらうまでに至りました。
地域で事業展開することのメリットは、活動を必要としている人たちに、すぐに場を提供できるということです。
「神奈川区のイケてる場所といったら、しぇあひるず!」という意識が広がればと思います。

最後に「インバウンド」ですが、スウェーデンのバンドグループ「JAERV(イエルヴ)」が来日に、3日間ホームステイをしました。フルートとサックス、バイオリン、ニッケルパルパ(チェロの音に似た楽器)、パーカッションの構成の5人グループです。
横浜をハブに、都内数か所や、鎌倉、神戸、いわきなど日本各地をライブで回りました。もっと訪日外国人と地域住民との交流が増えればいいなと感じています。
http://www.jaerv.com/

22429389_1318039014974160_604956538_o.jpg

住む、学ぶ、泊まる、いろんな目的が同じ場所で達成できる「住宅型複合施設」を体現した10月後半でした!!
posted by ちゅーさん at 10:16Comment(0)日記