そもそも「シェアハウス」とは何か?

みなさん、こんにちは。

少しずつ日も長くなり、暖かい陽気の日も出てきましたが、我が家ではインフルエンザが流行して先週は大変な日々を過ごしておりました。みなさんは、体調管理十分にできていますか?

さて、ちょっと前になりますが、しぇあひるずヨコハマがメディアに紹介されました。

SUUMOジャーナル および 東洋経済
「40代以上の大人」が集うシェアハウスの実際
http://toyokeizai.net/articles/-/206340

いろいろ反響もあり、コメント欄も大変参考になりました。あまり例のない取り組みですが、共感してくださる方々がいて、とても嬉しく思います。補足するべき点としては、しぇあひるずヨコハマは「シェアハウス」とはちょっと形態が異なるのと、しぇあひるずの大家も厳密には私の母であるということでしょうか。

シェアハウスというのは、一番狭い定義では1軒家のキッチンやお風呂をシェアして、それぞれの個室に入居者が住むことを指します。最近ではいろんなタイプがあるので、入居を希望する方からの問い合わせに対して、次のように返信をしています。

-------------------------------------------------------------
本物件は通常のシェアハウスとは異なり、すべての部屋の玄関は独立。
シェアダイニング、お風呂、シャワーブース、スカイデッキ、庭、畑のスペースなどを共有する
「ソーシャルアパート」と定義されています。
-------------------------------------------------------------

そして大事なのは、部屋割りや設備、運営方法ではなく、住む人のコミュニティです。
一人ひとりが独立したライフスタイルを送りながらも、時間や空間やモノや経験をシェアできることに重点をおいています。


今シェアハウスとして話題になっているのが、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」ですよね。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」頓挫 所有者700人、混乱拡大
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018021702000145.html

オーナーも会社も、当時者としての意識が低くかったのでは?と思えてしまうこの問題。
コミュニティの重要性に照らし合わせたとき、ただ単に建物に共有部分を設けて、安く人を住まわせるような家は、シェアハウスと呼んで欲しくないというのが本音です。
必要なのは、人と人とのつながりある暮らしを大事にできるかどうか。

27654866_1571921572862411_6684539151431572279_n.jpg

私は「大家の学校」という場で、「愛のある賃貸住宅」について学び、先日は卒業生として取組みを発表する機会をいただきました。

▼大家の学校第四期 
http://mamekurashi.com/oyanogakkou04/

まちと家と人が、その枠を超えて生活するときに、必ず何か「シェア」が生まれます。
「建物」ではなく「人」が主体となる住まいが街に増えていくことを願っています。

4年ぶりの大雪でした

みなさん、こんばんは。

一昨日の積雪はすごかったですね

IMG_3408.JPG

横浜でも4年ぶりの大雪で、しぇあひるずヨコハマの付近だと20㎝以上積りました。標高が少し高いためなのか、明らかに横浜駅周辺とは積雪量が違います。

僕は都内に仕事で外出していて、本当は夜遅くまでミーティングの予定でしたが早めに切り上げました。帰宅には京浜急行を利用したのですが、品川駅なんかは尋常じゃない混雑っぷりで、さらに後の時間に入場規制が掛かったことをニュースで知り、ギリギリのところで回避できてよかったです。
とは言え、SNSを見ていても駅や帰宅途中の様子は殺伐とした内容が多く、少し残念な気分になりました。前もって大雪の注意喚起が出ていたワケですから、一日くらい会社を休んで子どもと雪で遊ぶくらいの余裕があった方が幸せですよね。

僕は割とテンション高めで、カメラを持って仕事に出かけました。大混雑の品川駅とうってかわって、最寄の神奈川駅の人の少ないこと!!


IMG_3371.JPG

ブルーライトの演出も手伝って、シンシンと降りしきる雪が本当に幻想的で、どこか遠くの雪国の無人駅に旅行したような気分になりました。駅の前を通る国道1号も明らかに車の数が少なく、ゆるやかな傾斜にスリップしそうになっている軽自動車もありました。

IMG_3389.JPG

神奈川駅から4~5分の距離にあるしぇあひるずですが、何しろ坂道が急なので、車はもちろん人が歩くときも十分な注意が必要です。(僕は登山靴で帰宅しました)
それでも、雪化粧をした敷地や建物は見る機会があまりないので嫌な気分はしません。

IMG_3398.JPG

グランドオープンして初めての大雪でしたが、景色は美しく、また住民の方が率先して雪かきをしてくれるなど、いろいろと嬉しい場面を多くみることができたので良かったと思います!

posted by ちゅーさん at 23:07Comment(0)日記

2018年最初のイベントは「感動もの」

みなさん、こんばんは!
2018年最初のブログです。今年もよろしくお願いします

ついこの前、年が明けたと思ったらもう二週間も経ってしまいました。
時間の流れ早すぎですね。。。

しぇあひるずヨコハマで初となる年越しは、入居者を中心としたとてもアットホームなイベントになりました。
まず大晦日の夜ですが、みんなで持ち寄ったお酒をワイワイ楽しみつつ、知人に連れられてしぇあひるずにきてもらった、スウェーデン人シンガー、エメリー・トロニエさんの即興生ライブがラウンジで繰り広げられました!

IMG_2667.JPG

まさに、いろんなジャンルの人が集まる空間ならではの贅沢な時間。
年越し蕎麦も天ぷらつきで美味しく頂きました。カウントダウンも、一斉にクラッカーを鳴らすと気持ちが良いですよ。
横浜港の船が一斉に汽笛を鳴らす「除夜の汽笛」も聞こえてきます。


少し落ち着いたところで、地主の本覚寺さん、そして源頼朝が創建した洲崎大社さんへ希望者と初詣に行きました。本覚寺さんではエメリーさんも整理券をもらって、バッチリ「除夜の鐘」をつき、写真をシェアして、「日本の年越し」を友人に自慢していました笑

IMG_2677.JPG

しぇあひるずに戻ってからは、ラウンジで映画鑑賞会を行ったり、仮眠をしたりと自由きまま。
日の出の時間が近づいてきた6時40分くらいから全員でスカイデッキに上り、ベイブリッジから上がる初日の出と、その赤い光に照らされる紅富士と、両方をみることができました!!

IMG_2703.JPG

IMG_2713.JPG

池に氷が張る非常に寒い朝ではありましたが、あまりの美しさに初めてみた人は一同感動した様子でした。

IMG_2707.JPG
そして、身体が冷えたところで再びラウンジに戻り、温かいお雑煮を食べました。
カウントダウンから、初詣、初日の出、年越しそばにお雑煮、すべてまとまって楽しめる場所は、横浜広しといえども、しぇあひるずヨコハマ位ではないでしょうか?

特に、外国の方にとっては地元の人とコミュニケーションをとりつつ、日本文化に触れることができる貴重なチャンスなので、一年に一度の「鉄板」イベントとして今後定着していきそうです。
ぜひみなさんもご参加くださいね!
posted by ちゅーさん at 23:57Comment(0)日記