【安房館山】日本の歴史、風習、自然に触れる機会を求めて

みなさん、おはようございます!

今日から待ちに待ったゴールデンウィーク

という方も多いのではないでしょうか?

僕は一足早く、27ー28日に一泊二日で、安房館山に行ってきました。

サラリーマンの時はほとんど休みがカレンダー通りだったので、
家族で泊まるとなると、結構渋滞とか巻き込まれていましたが、
今回は高速道路もホテルも空いていて、とても快適でした


実は、行き先は館山と最初から決まっていました。

僕が決めたのではなく、ある意味「占い」によって決められた、
あまり前例のないショートトリップです。


話は会社設立前に遡ります。


祖母がお世話になってる浅草の老舗印鑑屋さんに、
代表印などを作って頂いたのですが、
そのとき、商売繁盛など開運になるご指導を頂きました。

それも、個人の誕生日や、会社設立の日などを
いろいろ掛け合わせた唯一無二の開運診断です。

その診断によると、

定めた期間に、吉方位の神社にお参りし、
「お砂」を頂戴し、現地のものを食べ、3時間以上はその地に留まるように。

とのことでした。
ふむふむ。

印鑑屋さんには、祖母も一緒に行って職人さん話を伺っていたのですが、
なんか形容しようもない、有無を言わさない雰囲気が漂っていました。

定められた期間は、4月2日〜5月3日。
場所は、南南東の鶴谷八幡宮だったので、
結構遠い所ですが、言われた通り、現地に赴くことにしてみたのです。

IMG_3658.JPG

▼鶴谷八幡宮
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E8%B0%B7%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE

「鶴谷八幡宮」という名称でピンと来る方もいるかも知れませんが、
この神社や安房という地域は、とても源氏と深い関わりがあります。

(うちの奥さんは最初、「鶴岡八幡宮」の間違いだと思ったようです)

実は、しぇあひるずのある神奈川宿の、
歴史の源流とも言える「洲崎大神」ですが、こちらも源頼朝に由来するもので、
海でつながった歴史的なロマンを感じました

▼洲崎大神
http://miya.aoki.kanagawa.yokohama.jp/

そして、神社に入ると、鳥のさえずりと、木々がサワサワと揺れる音がだけが聞こえる、
何とも心落ち着く空間でした。

そのままお参りを済ませ、社務所を覗き込みましたが、誰もいません(汗)

お守りや、おみくじは、軒先で販売しているようですが、
目的の「お砂」はどう頂戴したら良いのか分かりません。。。

横の玄関に「ご用の方はインターホンを押してください」

と書いてあったので、少し緊張しながら、ピンポーンしました。

巫女さんが出てくるのかと思いきや、
普段着の普通のおばさん(失礼)が、宅配便でも受け取るような感じで
「はいはい、お砂ですね」と応えてくださいました。

決まった場所があるので、そこから自分で取っていってくださいとのこと。

ちなみに小さいレジ袋サイズだと、お賽銭2000円位。

建設会社の社員がゾロゾロ来て、土嚢にスコップで詰めることもあるようで、
その時は数万になるそう。

へえ〜。

うちの娘は、神社が怖いらしく、鳥居を過ぎる前から泣き出し、
奥さんと原っぱで遊んでいたので、一連のやりとりは全部単独でした。

鶴岡八幡宮をあとにすると、“渚の駅”たてやまに寄って、現地のものを食し、
海沿いをドライブして、良い具合の砂浜と磯がある、坂田海岸で遊びました。

IMG_3691.JPG

やっぱり子どもはこっちの方が良いですね

初めて自分で貝殻を拾ったり、ヤドカリを捕まえたりして、自然の中の遊びも満喫でき、
充実した時間を過ごすことができました

posted by ちゅーさん at 07:56Comment(0)日記

大人も子ども楽しめるツボを心得よ(ディズニー「シュガー・ラッシュ」観ての雑感)

3c445dde-s.jpg

金曜に地上波で放送されていた「シュガー・ラッシュ」

録画していたものを家族で見ました

いや〜すごかった。

全体的にかわいらしい描写が多いので、2歳児にも楽しめる作品ですが、
実際のゲームのキャラクターが出演しており、それらの設定も物凄い緻密でビックリ

世界観が思いのほか壮大だし、伏線もよくできていて、飽きがこない。
主人公が、悪役の仕事に疑問を覚え、自分の殻を破ろうとするテーマにも共感。

とにかく目茶苦茶面白い

「トイストーリー」とか「アナと雪の女王」とは、一線を画したディズニーの傑作です

さてさて、内容のレビューはこのくらいにして、
学んだことのポイントは「大人も子どもも楽しむ」ということ。

おそらく、一番楽しいのは、映画を作っている大人たちだと思います

(何ならメイキングを見てみたい)

自分たちが面白いように作ろうとすると「使う人(見る人)のニーズに合ってるのか?」
みたいな議論が起こりますよね。

誰にでもウケるものを作ろうとすると、どうしても無難になってしまったり、
子どもに分かりやすくすれば、大人には退屈に感じてしまう。

そういう矛盾を突破すると、素晴しいものが生まれる

ヒントになったのは、グランドデザインはしっかり決めつつ、
特定の人には大ウケする「ツボ」を散りばめること。

一見、絡みがなさそうなものでも、同じプラットフォームに放り込んでしまえば、
勝手に化学反応が起きて、新しい何かが生まれるということ。

「80年代」×「最新3D」×「HARAJUKU KAWAii!!」×『ディズニー』⇒

が「シュガーラッシュ」の化学反応前の素材。

しぇあひるず的に置き換えると、

「60年代」×「パーマカルチャー」×「神奈川宿」× 『リノベーション』⇒ 

というような素材でしょうか?

それぞれが、いい具合に融合できるよう、作品を形づくりたいですね
posted by ちゅーさん at 14:41Comment(0)日記

【どうする!?】いつもの横浜駅が津波に襲われたら

こんにちは

いきなりの告知ですが、
しぇあひるずで5月28日に防災訓練&キャンプを実施予定です

そんなに大掛かりのものではなく、「とにかくアクションを!」という感じ。

先週の横浜市防災センター訪問に続き、いろいろと防災意識を高めています。

横浜駅周辺で地震に遭遇した場合、気をつけるべきことは、
建物からの落下物が一番大きいと思いますが、

揺れが収まり、身の安全が確保できたと思ったら、
次に気をつけるべきことは、おそらく「津波」です。

慶長型地震で津波が発生した場合、横浜駅周辺(特に東口北側)
は被害を受ける可能性が高いです。

そごうからベイクオーターへの歩道橋を渡ったことがある人は分かると思いますが、
東口のバスターミナル辺りは、海面と同じ標高で、堤防もそれほど高くないので、
あっという間に浸水してしまうでしょう。

予測を見ると、どれだけ深刻か良く分かります。。。

▼慶長型地震 津波浸水予測(西区、神奈川区)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/432520.pdf

ちなみに、津波に備えて、横浜駅には避難マップが整備されています

こちらは「きた東口」に設置された津波避難情報です。
1566.jpg

分かりやすいように、しぇあひるずの部分を右端に赤く示していますが、
僕はこのマップを見て、率直にヤバいと思いました

1日の乗降客200万人以上! 世界第5位の規模をもつ横浜駅。
そこから逃げてくる人の数ですが、
数千、数万人レベルであっても何ら不思議ではないでしょう。

なのに、津波避難に指定されているビルが、西口の鶴屋町の方にしかないこと。

実際には、駅近くの百貨店やビルなどに避難するのでしょうが、
エレベータ-も使えない状態で、外に出ようとする人、逆に上がろうとする人が
数分の間に殺到し、階段付近はパニックになると思います。

そして、建物以外の避難ですが、
矢印の「高台はコチラ」で示した高台の公園(黄緑の枠)は、
「上台町公園」「高島山公園」共に、トイレすらないということ。

津波が落ち着くまでの、半日〜1日の間、
とにかく高台まで逃げてきた大勢の帰宅困難者を誰がフォローするのでしょうか??

これは、行政としっかり連携して解決していかなければいけない、
重大かつ喫緊の課題だと思っています。

横浜駅や、海に近い施設を利用する皆さんも、
是非、どのように避難すべきか考えてみてください

#津波予測
#防災キャンプ
#横浜市
#しぇあひるず
posted by ちゅーさん at 13:08Comment(0)情報