【サラリーマン人生の卒業】最終出社日からちょうど半年を振り返って

みなさん、こんにちは

しぇあひるずは、新緑から深緑に変わる時期。

浅草では三社祭り。初夏の訪れを感じます。

こういう節目に、今まで取ってきた行動がどうだったか?
「ふりかえり」をするのは良いですね。

ちょうど半年前、僕はしぇあひるずの立ち上げのためのターニングポイントを迎えました。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【重要なご報告】
5年勤めたDELLを退職することとなり、金曜が最終出社でした。

s1.jpg

仕事はもちろんのこと、結婚式や子どもの誕生という人生の節目まで、
様々な形でサポートを頂きました。
皆様、本当にありがとうございました。
頂いたお花や色紙やプレゼントを見ながら、
退職という実感が少しづつ湧いてきて、少し寂しい気持ちです。
今この文章を書いている真横で、我が家に流れてきたメンバー6人
全員が気持ちよさそうに眠っておりますが、
またこんな日があると良いなと、つくづく感じます。

- 以下、振り返りと今後のビジョンです。相当長くなりますので、時間に余裕があるときにお読みください。-


▼DELLというグローバル企業、IT業界で学んだこと。
僕の退職願が受理された日と、EMC買収のニュースが流れたのは奇しくも同じ日でした。
DELLに限ったことではないかも知れませんが、ビジネスに対するスピード感、ロジック、結果へのコミット力は、
かなり高いレベルを求められていたと思います。
テクノロジーは猛烈な勢いで進化をしていくので、
DELLのセールスは、自社の製品やソリューションに留まらず、
幅広いIT知識をアップデートし続ける必要があり、
売上と利益は個人のレベルでも3か月毎に達成させることが任務となります。
さらに、結果を出すまでのKPIについても重点が置かれ、
アカウントに対しての様々なマーケティング、セールス行為が、
綿密なデータ分析で導かれた数値を満たせているか徹底して管理されていました。
全世界で、ブレることなく高いレベルの製品、サービスを、スピーディに提供し続けるためには
こうした数値による高いマネジメント力が不可欠であることを示していると思います。
また、創業者のマイケル・デルは、会社の変革を加速させるために、
株式を非公開化するという大胆な手を使ったことでも、業界の注目を集めました。
今までと同じことをやっていたのでは時代遅れになる、ということの裏返しだと感じています。


▼ITがさらに発達する未来
では、このテクノロジーの世界はこれからどうなっていくのでしょうか。
先月行われたDELL最大のイベントにて、
インテルの副社長が挨拶でこんなことを話していました。
「2020年までに世界で500億のデバイスが、ほぼ確実に、ネットにつながっている。」
世界人口73億ですから、その量がいかに多いか分かります。
僕はこの話を聞いて、「ワクワク」ではなく「ゾっと」しました。
ここでのデバイスとはPCやスマホという枠を超えて、
家電、自動車、ロボット、自動販売機、医療機器、工業装置など
チップが組み込まれたあらゆるモノのことを指しています。
人がマニュアルで操作しなくても、センサーで状況を判断し
ビッグデータの情報を元に最適に動作してくれることを、
爆速で推し進めている訳です。
2020年って、娘もまだ7歳。
今の子供が大人になる時代には、もっとすごいことになると考えています。
映画ドラえもんで、「ブリキの迷宮(ラビリンス)」という作品がありました。
高度に発達し過ぎたテクノロジーの下、人間が生きる力を失ってしまう話ですが、
その領域に近くなってきたな。というのが率直な印象です。

▼僕がDELLを辞めた理由
話を元に戻します。
DELLという会社のビジネスが優良であることは疑う余地がありません。
上司や同僚は、皆仕事ができてフレンドリー。
結果を出せば給与も上がりますし、場合によっては旅行に行けたりします。
その上、勤務時間や休暇の調整はしやすい。
お客様訪問がないときはカジュアル出勤。
外資系ITの大手なので、融資などの審査も有利。
たぶん、日本のサラリーマンの中では相当恵まれた環境だったと思います。
でも、その一方で決定的に不足していた事もありました。
面白そうだからやってみる。年月を掛けて熟成させる。
といった短期の売上には直接結びつかない分野の仕事です。
3ヶ月の結果をフォーカスするあまり、
自分の進むべき目標とのギャップが、勤続年を重ねるごとに広がりつつありました。
皮肉なことに、これはマイケル・デルが株式の非公開化を行った理由に通じる部分があります。
「短期的な株主への配当にこだわっていたのでは、大胆な戦略を取ることは難しい。」
僕の場合は「短期のKPIの達成に気を奪われていては、大胆な人生を送ることは難しい。」
ということでした。
売上や利益を出すことが、個性やスキルに左右されず
効率的・恒常的に実行できるビジネスモデルは、
グローバル企業としては極めて健全なのですが、
「自分がなすべき務めを最大限発揮できる環境であるか?」という視点でみると
自信をもってYES!と言えなかったのが現状です。

▼生きている上ですべきこと
先日のソーシャルビジネスの講座の中で、
「あなたのお客さまになる人の笑顔が見えるか?」
という話がでてきました。
僕がまず笑顔になって欲しいのは家族です。
僕は、デバイスをネットに繋げるだけでなく、
人と人とが有機的に繋がる社会を目指していきたい考えです。
そのための選択肢として、会社員や公務員への転職でなはく、
もっと多様な働き方ができるようになればと考え抜いた末、
「地域活性化のための会社を設立する」という結果に至りました。
こういうことを何となく考え出したのは1年ほど前。
具体的に動き出したのは今夏くらいです。
来年、何をするか一言でまとめると、
「実家(空家)を利用した地域密着型のシェアハウスの立ち上げ」です。
そのために、様々な講義やイベントへの参加と、資金や事業計画、
実際にプロジェクトに関わる方とのリレーションの構築を進めています。
実際に家族が所有する住居が、長い年月を経て空き家になってしまっているので、
やる遂げるしかない「自分がすべきこと」だと確信しています。
その先にもクリエイティブな仕事を沢山イメージしているのですが、
この点についてはまた別の機会にお話します。


▼自分の人生と、日本の歴史
そして今回の退職は自分にとって8年間半の会社員時代の終焉。
あらたな時代の幕開けとなります。
時代の変化は、自分の変化でもある訳です。
さて、自分の人生を日本の歴史の尺になぞらえると、こんな感じになります。
Ⅰ乳幼児時代 「宗主からの強い影響で基礎が形成された」⇒ 飛鳥・奈良時代 
Ⅱ浅草時代  「バブルによる貴族的な繁栄と衰退」⇒ 平安時代
Ⅲ学園時代 「自労自治と文武両道、精神の鍛練」⇒ 鎌倉時代
Ⅳ会社員時代 「庶民の社会進出と家庭文化の確立」⇒ 室町時代
Ⅴ??? 時代 「不安定な世に対し実力勝負を挑む」⇒ 戦国時代
今から突き進む何年かは、将来振り返ったときに
「起業時代」とでも言うのでしょうか。
志は高いですが、生き残りを掛けなくてはいけない。
まさに戦国時代のような状態になるでしょう。
ただし、僕は、穏やかな室町よりも激動の戦国が好きです。
実際には室町と戦国は重なっているように、すでに色んな転機がありました。
もしかすると、その変化に気づいた方もいらっしゃるかも知れませんが、
これからは全開です。
当分ハチャメチャで、ご心配をおかけする可能性も十分にあります。
そんなときは、どんな形でも良いので、物資・援軍を送ってください。


▼30歳を過ぎて、真剣に考え始めた「将来の夢」
最後に、みなさんは将来の夢はありますか?
僕の将来の夢は、とてもシンプルです。
「幸せに暮らすこと」です。
なんだ、当たり前だな。と思う方がいるかも知れません。
しかし、自分がどうなっていたいのか、幸せな日常の一コマを
具体的にイメージしたことはありますか?
僕は、いつか、こうなりたい、こうしたいという願望を
なるべくスケジュールで考えるようにしています。
家のリフォームも、結婚式も3年くらい前から構想を立て、
それに向かって仕事や資金計画などを調整してきました。
付き合って10年目の記念の日に結婚し、
その時に住みたい家はこんな感じ、
新婚旅行は絶対に妥協ない。
と社会人2年目くらいには本気で考えていました。
もちろん、今でもそういう妄想を繰り広げています。
以下は、決定事項(奥さんとの約束です)なので、
みなさん予定を空けておいてください!
----------------------------------------------------------------------------------------------------
結婚30年記念 お花見ガーデンパーティー 於 あらい家
2042年4月5日(土)12時~
おうちの畑の採れたて「横浜野菜」を使った、
シェフ○○さんのスペシャル創作料理と、
地元で活動するバンドメンバーによる
ミニライブをお楽しみ頂けます!
ちなみに翌日6日から夫婦でワールドクルーズ中の客船に途中乗船。
ドバイ、イスタンブールを経て、5月上旬の終点サウサンプトンまで
1か月二人でゆっくり船旅をします。
(寄港先では、そこに住む友達に見送りに来てもらいます!)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
何年かしたら、Facebookやmixi、その他過去に色んな方面に
投稿したコラムや文章をジャンル分けして、本にまとめようと思います(笑)
そして、日々の活動を発信し続けようと思いますので、
今後とも何卒、よろしくお願いします!

s2.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------

これからも夢に向かって、頑張り続けます

posted by ちゅーさん at 15:01Comment(0)記憶

意外!「母の日」の創設者は「母の日」が嫌い??

みなさん、おはようございます!

今日は「母の日」ですね!

僕は一足早く、昨晩母に「蘭」の花を手渡しました☆

1704.jpg

この蘭の花は、リノベーションスクールで同じチームだった方が関わってる
熊本の「花のがっこう」から購入したものです。
https://hananogakkou.thebase.in/

こういう震災復興のあり方がいいな。と思いました


そして、母からはこんな話がありました。

「母の日」創設を推進した人は、あとになって「母の日」を消そうとした
という意外なもの。

どうしてそんなことになったのか?

「母の日」は、かつては戦死した兵士を悼み、平和のために活動する母親たちの日でした。

ところが、この祝日が商業利用されるようになると、
「母の日」を創設したアンナ・ジャービスは、強い憤りを覚え、
全面的な反対運動を進め、ついには財産も使い果たし、
衰弱して亡くなったそうです。

mothers-day-facts-2012-anna-jarvis_53085_big.jpg

僕は30年以上生きてきて、こう行ったルーツは知りませんでした。

クリスマスやハロウィーン、バレンタインデー
最近では、イースターにちなんだ商品やイベントもよく目にするようになりました。

日本人はどうしてもイベントを商業化してしまうのですが、
アンナ・ジャービスが命懸けで反対したことを思うと、
本来の意味を分かっておくのが良いですね。

それでは、みなさんも良い一日をお過ごしください
posted by ちゅーさん at 09:26Comment(0)相談

『ガイアの夜明け』【保育園落ちた…どうする日本~働きたいママを救うには~】

1681.jpg

みなさん、おはようございます!

ゴールデンウィークの真ん中、いかがお過ごしでしょうか?

僕は昨晩、家で一人「ガイアの夜明け」を見ていました。

保育園落ちて悩んでいるママと、保育士不足で悩んでいる園の経営側の、
双方の課題を解決する取り組みがテーマでとても興味深いものでした。

「保育園落ちた日本死ね」というブログへの書き込みが社会現象となり、
安倍首相が国会で答弁する事態になりましたが、
提示された策は、「賃金を6000円」アップするという、もう何にも分かってないんだな、、
という呆れた内容でしたね。

そんな中、一生懸命ビジネスで頑張っている人を見ると、
政策などに頼らず、どんどん仕組みを作るべし!!と感じるのです。

ポイントを備忘録として列挙しておきます。

その①
異業種から保育の現場で働く意外な人材
⇒看護師の資格からでも園に1名採用できる規定に着目。
⇒約80万人いると言われている潜在保育士の掘り起こし。
 自分の子どもも預けながら保育士として働ける場づくり。

▼ハイブリッドマム
http://www.hybridmom.co.jp/home2/home/

その②
首都圏のモールで急増中!子連れで働ける新ビジネス
コールセンターの業務スペースの真横で託児。
⇒倍率10倍!働きたいママが殺到!
 キャリアを活かせる。時短勤務。時給は低めだが、保育費が掛からない。

▼ママが子供のそばで働ける保育園でもない、在宅でもない、
新しいワーキングスタイル|ママスクエア
http://mamasquare.co.jp/

その③
企業が手を組む!復職ママを救う新手法
サテライト ママスクエア
⇒近隣の企業がシェアできる託児所の新設!
託児スペースコストが安い。設備が充実。復職を促せる。


いずれも、保育園が見つからなくても、
子育て中のママが働ける画期的な仕組みで、事業を急拡大させています


保育園も、ママも、企業も、悩みを嘆くのではなく、
やり方を変えていく(意識そのものを変えていく)必要があるな。
と強く感じました
posted by ちゅーさん at 08:48Comment(0)日記