予想通りのこと、まったく予想外のこと

みなさん、おはようございます。

ちょっと晴れたと思ったら、今朝はまたどんより天気ですね。

寒かったり暑かったりで、
服装に悩む方、体調を崩してる方も少なくないのでしょうか。

前回のお話しの続き、サハリンを目指して出発した日は、
朝から気温が30℃を超えるとても暑い日でした。

ところが、到着する稚内の気温を調べたら、たったの17℃!
無理をして冬物のズボンをはき、汗ダラダラになりながらの移動です。

多くの人が、稚内空港につくとまず北端の宗谷岬に向かいます。
一度まちへ出ると、また空港の前を通らないと岬に行けないためです。

一人でバスを待つ私に、親切な夫婦が
「一緒にタクシーに乗らないか?」
と声をかけてくれました

本当は宗谷岬からサハリンを拝みたかったのですが、あいにくの曇り。

7月中旬なのに気温11℃、しかも強風、、、

P7110099.JPG

冬物ズボンに長袖、ジャケット着た服装では耐えきれません。完全に失敗です。
いきなり困難に立たされましたが、ラーメン屋に駆け込みどうにかしのぎました。

その後、再び夫婦のタクシーに乗せてもらい、市街へ向かいます。
驚いたことに、道路標識やドラッグストアの広告板、商店街のアーケードまで、
ロシア語が併記されているのです。

P7110116.JPG

僕は日本には国境を意識できるまちは存在しないと思っていましたが、
稚内は僕のイメージする「国境のまち」でした。

市街すぐのノシャップ岬には、日本最大規模の自衛隊のレーダー基地があり、
有事に備えてロシア戦闘機などを常に監視しています。

P7110112.JPG

樺太で命を落とした人々の慰霊碑も公園に立っています。
広々した駐車場には「北方領土奪還!!」の横断幕の街宣車が。

宿泊するユースホステル近くの書店で「ロシア国境記者」という本を買い、
フェリーでサハリンに渡る前に、極東情勢の予習をすることにしました。

礼文島、利尻島行のお土産屋つきのターミナルとは異なり、
サハリン行フェリー乗り場は、草ぼうぼうの空き地に置かれたプレハブでした。
トイレすら建物の外にある「日本で一番簡素な国際線ターミナル」です!

P7110118.JPG

そんなターミナルから日本をあとにし、到着したのは日本統治時代に大泊と呼ばれた
サハリンの港町「コルサコフ」です。
稚内港からコルサコフ港までフェリーで5時間。
竹芝から伊豆諸島にいく位の感覚で、
なんと日本と2時間の時差があります!(着いたら2時間時計を進めます)

朽ち果てそうなクレーンや、錆だらけの船。。。
いつも見慣れている港ヨコハマとはまったくの別世界。
どう考えても観光で訪れるような場所ではないと思いました。

P7120132.JPG


入国手続きには、パスポートやビザの他に、
入国に関する書類(いつまでどこに誰と滞在するか)や、
転売できそうな所持品(携帯電話やカメラなど)の種類と金額など
いろいろ提出しなければなりません。

入出国の手続きは、日本では法務省の管轄ですが、
極東ロシアでは軍の管轄なのです。

個人で旅行している僕は、明らかに浮いた存在で、緊張しました。

代理店からは、通訳とホテルまでの送迎の車が待機していると言われていました。
名前も書いてありましたが、難しくて男女の区別さえつきません。

極東ロシアの港についたときの勝手な印象で、
カタコトの日本語を話せるブローカー風の中年男性が、ボロい旧ソ連の車で来ていると
想像していました。

ところが、待合いロビーについてみると、
20代前半と、20代後半くらいの金髪のロシア美女が2人、
僕の名前が書かれたプレートを持って立っていました。
しかも2人とも日本語メチャメチャ流暢で、
あまりの予想外の展開に驚きました。


女性の一人はベテランの通訳・添乗員
もう一人は春に稚内の大学を卒業したばかりで、研修中とのこと。

船着場の外には洗車されたエスティマが止まっていて、
男性の運転手が、僕のリュックを丁寧に車まで運びました。

そしてなぜか、僕は後部座席に女性二人に挟まれる形で座りました。
何か意図があったのかも知れませんが、
客観的にみて、ロシア系のパブか?と思うようなシュールな光景だったに違いありません。

車窓の写真撮影はどこまで大丈夫か確認すると、
かつてはダメだったけど、今はどこを撮っても問題ないとのことでした。
これも意外。

P7120134.JPG

宿泊する中心都市「ユジノサハリンスク」までは大体1時間。

車窓を眺めつつ、サハリンにきた目的や、
二人がどういう思いで今の仕事をしているのか話をしました。

                            
                                つづく
posted by ちゅーさん at 08:05Comment(0)記憶

国際平和デーと世界を知ること

本日は「ピースデー」でした!

各地で戦争や紛争がおきている中、今日だけは人を殺し合うのをやめよう。
と国連が制定した国際平和の日なのです。

その流れで、国際平和映画祭(UFPFF)の前夜祭に参加しました。
http://www.ufpff.com/

そして、戦争や平和を考える上で「伝えること」の難しさを感じました。

前回、世界一周のお話をしましたが、
旅をすることと、平和を考えることは、とても強い関連があります。

知らない土地のことを五感を使って知る。
自分とは違う生き方の人に出会う。
知っている土地、会ったことのある人にはおのずと親近感が生まれるものです。


僕が人生で初めて、親のいない旅行に出かけたのは15歳の夏。
仲の良かった友達と二人で、竹芝桟橋から三宅島まで船で渡り、
宿泊も島で唯一の「素泊まり」ができる宿で、主人や他の旅人との交流を図るという、
デビューにしては挑戦的な旅行でした。

そして、海外へ一人旅をしたのは、2002年の18歳の夏。
2002年といえばサッカーW杯日韓開催の年で、その盛り上がりに乗っかるように、
横浜から博多まで青春18切符を使い、さらに博多から釜山まで学割フェリーで渡航する、
これまた勢いまかせの旅でした。
今でこそ日韓関係はあまりよくありませんが、
僕が釜山で受けた地元の人の親切は鮮明に覚えています。

早くて、便利で、簡単!がもてはやされる現在社会にあって、
船というスローな移動手段、ネットも使わない、食事は自分で用意。というスタンスは、
「考える」プロセスがたくさん生じてくるのです。


そんな「考える旅」の最たる例が、21歳の夏に一人で渡航した「サハリン」でした。
サハリンは、戦前の日本統治時代に樺太と呼ばれた、北海道のさらに北に位置する、
南北800Km以上もある巨大な島です。
宗谷岬とクリリオン岬はわずかに42kmしか離れておらず、
日本国領事館が置かれている、パスポートで渡航可能な土地、
という定義に当てはめれば、まさに「日本から一番近い海外」といってよいでしょう。

にも関わらず、私たちが近い海外と聞いて連想するのは、韓国や中国、台湾、グアム
なのはなぜでしょうか?

僕の友人で、世界一周や、世界を何十か国も行ったことがある「旅の達人」は
たくさんいるのですが、僕は未だかつてサハリンに行ったことがある人に、
会ったことは一度もありません。

おそらくみなさんも、名前は聞いたことがある位で、日本からどうやって行くのか?
どんな景色なのか?ピンとこないのではないでしょうか?
その原因は、旧ソ連によって徹底して封鎖された、極東の情報の少なさだと思っています。

サハリンは、東西冷戦時代には「鉄のカーテン」の向こう側と呼ばれ、
渡航はおろか、近くを船や飛行機で通過することも許されませんでした。
日本人20人も犠牲になった「大韓航空機撃墜事件」が近寄りがたい土地の象徴と言えます。

やがてベルリンの壁が崩壊し、ソ連が崩壊しても、
私たちの心の壁は消えることがありませんでした。

今では地球の裏側の写真でさえ、友達のインスタグラムなどで、
当たり前のようにシェアされるようになり、世界に対しての距離感がかなり近くなったと思います。
しかし、その一方で景色や料理や可愛い動物など、視覚的に分かりやすい情報以外の
アンテナの感度が鈍ってきている気がします。

僕は幼い頃から、地図を見るのが大好きでした。
海岸線の地形、ローカル線のルート、めずらしい町の名前。
そういうものを発見する面白さにとりつかれていました。

image65.gif

日本列島の地図を見て、すぐそばにあるサハリンの存在に気づいていました。
博多から韓国に船で渡った身としては、稚内からサハリンに渡る船はないものか?
と考えるようになり、実際に東日本海フェリーの定期航路があることを知りました。

しかし、韓国とは決定的に異なり、極東ロシアはビザの取得や入出国の手続きが
自力でやるのは不可能だと分かりました。
いくつかの旅行会社で、個人の渡航を手配してくれるところを探しましたが、中には
「何しに行くんだ?」と考えそのものを否定するような業者もいました。

そんな中、札幌に本社のあるクレオトラベルという会社の担当者が
チケット予約や難しい現地の手続きをする通訳、ホテルの手配を、
なんと手数料なしでやってくれるという奇跡が起きました。
「土を踏んで、空気を吸って帰ってくるだけでいい。ぜひ、サハリンに行ってください」
その熱意は今も忘れることができません。


「なぜそこに行こうと思ったのか」「そこから進むために何を考えたか」


一番近くて一番遠い海外というギャップ。
諦めずに行動していれば、いつか必ず道は開けるという。
原体験になりました。

そして何より、お互いを知り合うことは「平和」につながると確信しました。

そこでの出会い、見た景色、感じたことは、次にお話しします。
posted by ちゅーさん at 00:50Comment(0)日記

なぜ人は「世界一周」を目指すのか?

みなさん、おはようございます!

MaSaToさんの「世界一周学校」の開校式が日曜にしぇあひるずで行われました!

14192790_10209259890473310_1217231901063837613_n.jpg

▼日本全国を移動する「世界一周学校」開校
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160819/Resemom_33290.html

世界一周学校は、世界中で撮影した写真やお土産などを詰めたキャンピングカーで
日本全国を移動し各所で講演する「移動型学校」です

開校式イベントには50人を超える人が参加し、
新たなつながりや、さまざまなワークなど、ものスゴい一体感を感じました!

今回、参加した人と話をしていると「世界一周が夢」という人が結構います。
僕も世界一周をいつかしてみたいと思う人間の一人です。

みなさんはいかがでしょうか?
もし世界一周してみたいのなら、その理由は何でしょうか?
考えてみると結構不思議です。

今は比較的円高で、飛行機のチケットも気軽に手に入るし、
ガイドブックや旅行サイト、SNSに情報は溢れかえっているし、
大型クルーズ船もリーズナブルになったことで、世界一周のハードルは下がりました

ただ、僕はハードルの下がった世界一周に、あまり魅力を感じません。

僕が「世界一周」ひいては「一人旅」に求めるものは、
行ってみたら想像と違っていた「意外性」や
困難が起きようが自分の足で進む「冒険心」
旅先の人との運命的な「出会い」
それらの連続の先にある「人生観の変革」です。


したがって、どこかの旅行会社が「世界一周格安ツアー」と銘打って、
世界各地の観光地を30日間巡ります!!とか宣伝されても、それほど心惹かれません。
(家族まで巻き込むとなると、結局この手の旅行で落ち着きそうですが苦笑)

それでは結局、誰かが予め用意したコンテンツの消費となり、
「人生観の変革」には至らない、想像の範囲で旅が進行そうな気がするからです。

MaSaToさんの世界一周の中で、道中をロバと移動する話が出てきました。
ロバを買うプロセス、ロバに逃げられたときの対処、見つかったその後どうしたか、、、
みんな笑いながらも真剣に耳を傾けていました。

それは、日常生活では絶対に起こり得ないことであり、
テレビで芸人がやらされてるロケとも違う、リアリティがありました。

大事なのは、「どこの国に行った」とか「現地で何を食べたか」ではなく、
「なぜそこに行こうと思ったのか」「そこから進むために何を考えたか」
であると思うんです。


今まで考えたこともなかった出来事にいきなり直面することが、醍醐味とさえ感じます。

つまり、世界一周を自分の力で本気でやろうとすると、
おのずと重大な学びの場、すなわち「学校」としての側面が大きくなるのだと思います。

ハードルが下がったとはいえ、万人がそういう行動力を持っているとは限りません。
ましてや2年半もの間、旅を続けるというのは、日本で子育てしながら仕事に従事する人には
不可能といってよい至難の業です。

世界一周で見た景色を目の前で再現することはできませんが、
「なぜそこに行こうと思ったのか」「そこから進むために何を考えたか」
自分に置き換え、机上の空論ではなく体験を通じて学ぶことは、
大変意味があると思います。

今回の開校式では本格的に「青空教室」として展開しましたが、
天気予報に反して晴天に恵まれたものの、大雨だったらどうするのか?
ということも体験としては面白いかも知れません。
「キャンピングカーの側面を黒板にする」というワークも、
ほとんどすべての参加者にとっては人生初の経験であったはずです。

そういう意味で、「人生観の変革」に寄与できる場というのは
とても希少ですし、それを実行に移しているMaSaToさんのビジョンにとても共感できます。

”やり方ではなくあり方”を学べる学校

胸に響きますよね!

僕は世界一周はしたことはありませんが、MaSaToさんでさえ思いつかなった視点で
海外を一人旅したことがありました。

この話はまた次回にしたいと思います
posted by ちゅーさん at 08:26Comment(0)日記