江戸時代の横浜の中心地「神奈川」復活を模索する【その③】

▼歴史的に有名なだけでは…

品川宿のあと、午後からは僕が幼少時代を過ごした浅草に行きました
その日は、ちょうど三社祭の初日でしたが、思ったほど混雑はありませんでした。

東京の歴史や江戸文化に興味がある人は、一度は浅草を訪れたことがあるでしょう。

インバウンドは年々増え続け、公共施設など整備が間に合わないくらいです
正確な数字は分かりませんが、バス乗り場からハミ出す人の具合で
何となく実感できるのです。

そんな有数の観光名所でも、長らく課題となっていたことがありました。

意外に思われる方がいるかも知れませんが、それは観光客の「滞在時間の短さ」です。

スカイツリーができる5年以上前には、一時間半などと言われていたこともありました。

http://www.jata-net.or.jp/jatacomi/0903/people.htm

観光客のお目当ては何かというと、雷門から浅草寺で写真取って、昼食たべて、土産物を買う。

だいたいこれで終了。です!

本当にこれで地域の魅力が伝わっているのかと言うと、もちろんそうではありません。

「そもそも、浅草は店が閉まるのが早すぎる。泊るところも少ない。」

といろんな方面から指摘を受けていたのです。

その声を受けてか、スカイツリーのオープンや、押し寄せるインバウンドを期待してか、
ゲストハウスや、子どもの頃からしたら考えられないお洒落なバルが増えました。

僕が住んでいた花川戸というエリアにも、「浅夜市夜(せんやいちや)」という
浅草の夜のまちめぐりを狙った、食とマーケットのコラボレーションの店がいくつか出来ています。

http://www.a-round.info/senyaichiya.html

古くからの靴や革製品の商店が相次いで店を閉め、どんどん寂しくなっていくと思ってたら
若い人が楽しめる場所になっているんですよね

この取り組みには本当に驚きました

僕は、将来的には花川戸のエリア再生もしたいと考えていたのですが、
既にリノベーションまちづくりが進んでいるので、別にいいかなという感じです


▼実はそのまちの歴史とか魅力とかは関係ない?

この4月に、横浜市西区東ケ丘に「CASACO」という多世代多文化交流をコンセプトにした
シェアスペースがオープンしました。

http://casaco.jp/

東ケ丘(あずまがおか)というのは、野毛山動物園で知られる日ノ出町駅から
徒歩で5〜10分の丘の上の住宅街ですが、結構な坂と階段を登らないと辿りつけません。
駐車場もないので、歩くしかありません。

でもここまで訪れたいと思う何かがあります。

それはCASACOの理念を見ると分かります。

1.多世代・多国籍の人々が集う場所
2.人と人とが出会うことで、新たなつながりやアイディアが生まれる場所
3.異なる価値観・文化を受容し合い、違いを楽しむ場所

これ、しぇあひるずでもそのまま引用できる理念です。
(そのままパクったりはしませんよ!)

「人生上の出会いや、新しい何かを発見するチャンスがあるかも知れない。」

という、名所で写真を撮ることよりも、有意義な時間を過ごすための動機があるワケです。

そして実際に、その場所に訪れてみて、人と他愛もない話をしたり、
ゆっくりお茶を飲むことによって、いつしか場と自分が馴染んでくるんですよね。

IMG_3845.JPG

正直、CASACOや友達の家なんかがない限り、東ケ丘に足を踏み入れることは一生ないでしょう!

でも、一度行くと、次は誰に会えるのか、どんな食事が食べられるのか、
みたいな期待感が生まれ、もっとゆっくり過ごしたいと思うようになります。

そうなると、登った坂の上から見える野毛や関外の景色も、近所の古い民家も、
意味があるように感じるから不思議です。

矛盾に聞こえるかも知れませんが、敢えて歴史だ何だと全面に押す必要はないのかも知れません。

まずはその「場」に行きたいと思う「キッカケ」があって、
行ってみたらスゴい歴史のある場所だった!

くらいで丁度いいのか?と思います。

この1年でゲストハウスやカフェをオープンすることは多分難しいでしょう。
でも「キッカケ」を創ることだったら僕にもできそうです。

行ったら新しい発見がある、そんな「しぇあひるず」を目指して頑張りたいと思います

この記事へのコメント