学生の頃にどんな本に出会うかで、就きたい職業は変わる(かも)

みなさん、こんばんは

前回更新から間が空いてしまいましたが、まだまだ梅雨模様ですね。

鎌倉で合宿をしたり、都内で打ち合わせをしたり、
熱海にコラボレーションワーキングスペース視察の出張に行ったりと、
あちこち動いておりましたが、天気は結構恵まれました。
ありがたいことです

前回の話題に上がったリーンキャンバスですが、
手法を学びつつ、実装にするためのブレストやらブラシュアップを重ねています。

事業化のプロセスを可視化し、形にしていくことでの発見はたくさんあります。
当たり前のことですが、リスクや課題に早く気がつくこと。
偏った考え方に対してフィードバックを得られることが、
本当に大事だと身に染みて感じています。

そして、自分がもっている引き出しの限界というか、
もっと様々なことを勉強しなくては、リスクを正しく評価することはもちろん、
それに対してのソリューションを提案することは難しいと考えています。

僕は大学3年のときに、ある不動産系コンサルベンチャーでインターンをしました。

インターンの学生に日給3000円(時給500円以下)で
港区の物件に飛び込み営業をひたすら命じる、
今になって考えるとブラックな業務でしたが、当時からまちづくりに興味があった僕は、
何とか持ちこたえていました。

この仕事に耐えられなかったら、ディベロッパーの営業にはなれないと思っていました。

その反面、自分が携わりたい案件とは関係なく、クライアントの指示通りに動かなくてはいけない、
束縛・慣例・妥協みたいなのを強く感じていました。

そこに一定の疑問を抱きながらも、不動産業界に就職するための、
いろんなハウツー本や業界マップみたいな書籍を読み漁るわけですが、
やっぱりピンとこないんですよね。

まちづくり=不動産業なのか?という素朴な疑問。

今でも株式会社ここくらすの業種に対し、役所などの機関の項目に「不動産」
と記すことがあって、違和感を覚えますが笑

大学3年の業界研究時点で、ある意味つまずいていたワケです。

そんな中、ビジネス関連のコーナーとは関係なく、
ビレッジバンガードの、サブカルやアート系の本が置いてる場所で
「東京R計画」に出会いました。(立ち読みではなく即買いでした。)

2304.jpg

この本に登場する不動産物件は、かつての東京の中心、
問屋街として賑わっていた神田~日本橋エリアの古いビル。

バブル崩壊以降、地域の産業が衰退し、周辺にハイスペックオフィスが供給されたことで、
ますますテナントが入らなくなった築30年以上の建物ばかり。

ここを、取り壊すのではなく、アーティストや好感度な人に開放する
見たことも聞いたこともないプロジェクトがまとめられていたのです

「リノベーションまちづくり」という言葉が今はありますが、
そういう概念があることを初めて知り、衝撃を受け、感動しました。


そして、この本の共同著者の一人、馬場正尊さん
ちょうど10年後の2016年3月にリノベーションスクール@北九州で会えることになるのでした。

今僕がやっていることは、学生の頃すでに思い描いていた「就きたい職業」なのだと思います。
学生の頃の情熱を、今に未来につなげていきたいです

この記事へのコメント