「つなぐひと」という役割の必要性

みなさん、こんばんは。

8月も気がつけば終わりですね。
8月31日と言えば、夏休みの宿題で追われる日ですが、
大人になっても、やらなきゃ行けない宿題が山盛りで困ってしまいます。

先日、こちらのブログでもローカルの情報を発信するメディアを創りたいと書きましたが、
メディアはちょっとハードルが高いので、

「神奈川区エリアイノベーターズ」

というfacebookのグループを夏の最後に作りました!

https://www.facebook.com/groups/1084379924985529/

今のしぇあひるずの活動をはじめて10ヶ月余りですが、
いろんなイベントや場所に出向くと、本当にたくさんの方とお会いするワケです。

すると、
「実は神奈川区が地元でして…」とか
「横浜の歴史散策やってます」とか、


「なぁんだメッチャご近所じゃないですか!」

というシーンにしょっちゅう出くわします!

僕が参加するイベントに来ている人は、多かれ少なかれ自分の活動を盛り上げたい。
という思いを持ち合わせているので、

「facebook使ってますか?是非今度一緒に何かやりましょう!」

 という話に90%くらいの確率でなります。

それがきっかけで本当に始まっちゃうスピード感、ライブ感が僕は大好きです

この、たまたま知り合った人と意気投合して
何かが始まる状況をつながりステージ1とします。

さらにステージ1を重ねていくと、初めて会った方でも、

「何かこの人、○○さんと同じことやりたいと思っているな」

という状況が現れてきます。

 本当に同じことをやりたいのかどうか検証は難しいのですが、
 話の文脈の直感だったり、facebookの共通の友達だったりで、大体合っていると思います。

その初めて会った人と、すでに一緒に何かをやっている人を、たまたまではなく、
意図的に知り合わせて何かを始める状況が、つながりステージ2だと思っています。

今回はグループによって、つながりステージ2のきっかけ作りをしたのと、
同じタイミングで、横浜駅近くのお店で、共通のビジョンをもった人を
つなぎ合わせるディナーミーティングをしました。

そこで感じたことは、
「また今度お話聞かせてください」とか
「有益なイベントがあればお知らせします」とか
口で言うのは簡単でもすぐに行動に移す人は案外少ないこと。

結局のところ、別の機会で会ったときのお話も、招待されるイベントも過程でしかなく、
本当に出会えたらすぐに企画が始まるような、
即効性のある場が必要とされているのだと思います。

まだまだ手探り感は否めないですが、つながりが出来てきた次のステージとして、
「つなぐひと」としての役割を担っていきたいです。

この記事へのコメント