予想通りのこと、まったく予想外のこと

みなさん、おはようございます。

ちょっと晴れたと思ったら、今朝はまたどんより天気ですね。

寒かったり暑かったりで、
服装に悩む方、体調を崩してる方も少なくないのでしょうか。

前回のお話しの続き、サハリンを目指して出発した日は、
朝から気温が30℃を超えるとても暑い日でした。

ところが、到着する稚内の気温を調べたら、たったの17℃!
無理をして冬物のズボンをはき、汗ダラダラになりながらの移動です。

多くの人が、稚内空港につくとまず北端の宗谷岬に向かいます。
一度まちへ出ると、また空港の前を通らないと岬に行けないためです。

一人でバスを待つ私に、親切な夫婦が
「一緒にタクシーに乗らないか?」
と声をかけてくれました

本当は宗谷岬からサハリンを拝みたかったのですが、あいにくの曇り。

7月中旬なのに気温11℃、しかも強風、、、

P7110099.JPG

冬物ズボンに長袖、ジャケット着た服装では耐えきれません。完全に失敗です。
いきなり困難に立たされましたが、ラーメン屋に駆け込みどうにかしのぎました。

その後、再び夫婦のタクシーに乗せてもらい、市街へ向かいます。
驚いたことに、道路標識やドラッグストアの広告板、商店街のアーケードまで、
ロシア語が併記されているのです。

P7110116.JPG

僕は日本には国境を意識できるまちは存在しないと思っていましたが、
稚内は僕のイメージする「国境のまち」でした。

市街すぐのノシャップ岬には、日本最大規模の自衛隊のレーダー基地があり、
有事に備えてロシア戦闘機などを常に監視しています。

P7110112.JPG

樺太で命を落とした人々の慰霊碑も公園に立っています。
広々した駐車場には「北方領土奪還!!」の横断幕の街宣車が。

宿泊するユースホステル近くの書店で「ロシア国境記者」という本を買い、
フェリーでサハリンに渡る前に、極東情勢の予習をすることにしました。

礼文島、利尻島行のお土産屋つきのターミナルとは異なり、
サハリン行フェリー乗り場は、草ぼうぼうの空き地に置かれたプレハブでした。
トイレすら建物の外にある「日本で一番簡素な国際線ターミナル」です!

P7110118.JPG

そんなターミナルから日本をあとにし、到着したのは日本統治時代に大泊と呼ばれた
サハリンの港町「コルサコフ」です。
稚内港からコルサコフ港までフェリーで5時間。
竹芝から伊豆諸島にいく位の感覚で、
なんと日本と2時間の時差があります!(着いたら2時間時計を進めます)

朽ち果てそうなクレーンや、錆だらけの船。。。
いつも見慣れている港ヨコハマとはまったくの別世界。
どう考えても観光で訪れるような場所ではないと思いました。

P7120132.JPG


入国手続きには、パスポートやビザの他に、
入国に関する書類(いつまでどこに誰と滞在するか)や、
転売できそうな所持品(携帯電話やカメラなど)の種類と金額など
いろいろ提出しなければなりません。

入出国の手続きは、日本では法務省の管轄ですが、
極東ロシアでは軍の管轄なのです。

個人で旅行している僕は、明らかに浮いた存在で、緊張しました。

代理店からは、通訳とホテルまでの送迎の車が待機していると言われていました。
名前も書いてありましたが、難しくて男女の区別さえつきません。

極東ロシアの港についたときの勝手な印象で、
カタコトの日本語を話せるブローカー風の中年男性が、ボロい旧ソ連の車で来ていると
想像していました。

ところが、待合いロビーについてみると、
20代前半と、20代後半くらいの金髪のロシア美女が2人、
僕の名前が書かれたプレートを持って立っていました。
しかも2人とも日本語メチャメチャ流暢で、
あまりの予想外の展開に驚きました。


女性の一人はベテランの通訳・添乗員
もう一人は春に稚内の大学を卒業したばかりで、研修中とのこと。

船着場の外には洗車されたエスティマが止まっていて、
男性の運転手が、僕のリュックを丁寧に車まで運びました。

そしてなぜか、僕は後部座席に女性二人に挟まれる形で座りました。
何か意図があったのかも知れませんが、
客観的にみて、ロシア系のパブか?と思うようなシュールな光景だったに違いありません。

車窓の写真撮影はどこまで大丈夫か確認すると、
かつてはダメだったけど、今はどこを撮っても問題ないとのことでした。
これも意外。

P7120134.JPG

宿泊する中心都市「ユジノサハリンスク」までは大体1時間。

車窓を眺めつつ、サハリンにきた目的や、
二人がどういう思いで今の仕事をしているのか話をしました。

                            
                                つづく

この記事へのコメント