モノの価値を改めて考える

みなさん、おはようございます。

昨日は、横浜市中区のまちづくり団体「まま力の会」が主催する
「ゾウノマママルシェ」に、しぇあひるずヨコハマとして初めてブースを出しました。

▼ローカルグッド記事
http://yokohama.localgood.jp/news/8966/

なかなかの人の入りで、こうした機会はあまりなかったので刺激になりました。

メインターゲットは、子度服を中心とした「リユース品」
イベントの代表の船本さんからお誘いを受けたとき、
まず最初に頭に浮かんだのが、

「うちの娘の売れそうな服を寄せ集めても、出店料払えないかも。」


という不安でした。

実際、その予想は正しく、
当日の子供服の売上げ合計は、出店料以下でした。

そこで、今回のイベントに沿う形で、
子供服以外の品を全面に押し出すことにしたのです。

ちょうど福島県いわき市で活動しているNPO法人で、
古着のリサイクル事業や、オーガニックコットンの栽培・商品化
に尽力されている代表の吉田さんと知り合えていたので、お声がけさせて頂きました。

▼特定非営利法人 ザ・ピープル
http://npo-thepeople.com/

また、僕の父が経営するカバン製造業の方でも、
新品のファッションバッグ、ポーチが破在庫となっており、
アウトレット品として、同時に販売させていただきました。

まったく別々の3つのカテゴリの商品に共通して言えることは、

「モノの価値にはタイミングがある」

ということです。

成長が早い子供の服は、着られる時期が短い。
浴衣や着物は、良質であっても普段から着る機会は少ない。
新品のバッグでも、季節はずれや型落ちの商品を店頭に出せない。

一度タイミングを逃すと、もともとの価値に戻すことは難しい。
でも、欲しいタイミングでモノを探すと、なかなか手に入らない。

高価な帯でできたバッグなんて、普通に売ってるものではないですから、
欲しい方は喜んで買っていかれます。

逆に、2300円→100円にしても売れないバッグもある。。。

そんな矛盾が、この世の中にはあると痛感しました。

今、WEB上でも不要になったものをアップして、
欲しい人と結びつけるマーケットが拡大していますが、
そこからさらに踏み込んで、長く使えるモノは特に、
使っていたストーリーも受け継いでいければいいなと思いました。

この記事へのコメント