遊休不動産の活用の落とし穴「家族間合意形成」

みなさま、おはようございます。

今年も残すところ、あと僅かとなって参りました。
最近は冬の晴天が続いていて、朝焼け、夕焼けと富士山がとてもキレイに見えます

多く方が昨日までに「仕事納め」を迎えているようですが、
しぇあひるずヨコハマでは、主に躯体や配管系の追加工事を盛り込んだ変更契約を年明けに結ぶため、まとまった資金の準備、親族内での調整を進めています。

とてもデリケートな問題なので、地域づくりやリノベーション系の講座や事例でも
あまり取り上げられないテーマだと思うのですが、僕がこのプロジェクトを進めるにあたり、
最も重要だと感じたのが「家族間合意形成」です。

物件の「所有者を統一する」という問題はもちろんのこと
活用についてのビジョンを共有できているのか
役割分担と、収益の配分をどうするのか
大事な家具や着物は残すのか
老後の貯蓄は…

といった、さまざま議論が発生します。
ある意味では避けてきた重たい話を、腹を割ってしなくてはいけませんし、
ほかの人に相談できるような内容でもないので、とても苦労します。

遊休不動産の活用というと、政治的、社会的、経営的、建築的課題を乗り越える記事や事例を良く目にしますが、実は、もっともっと身近な「家族」という単位をきちんとマネジメントしなくてはダメだと痛感させられた1年でした。

資金の話でいうと、11月からスタートしたクラウドファンディングも残り3週間です。

▼横浜の築58年のアパート改修で、多世代交流の「長屋広場」を創りたい!
https://faavo.jp/yokohama/project/1679

お陰様で、現時点の達成率は136%!「いいね!」の数は2000に到達しそうです。

遊休賃貸住宅を公共空間へと蘇らせる、そういう取りくみが横浜であることを是非広めてもらえたら嬉しいです。

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします!

この記事へのコメント