情報発信者としての責務とブログ・SNS

みなさん、おはようござます。

今日もこういてブログを書くワケですが、情報を発信する上での心がけを学ぶ機会があったので備忘録としてもきちんとまとめておこうと思います。

▼第2回「かながわローカルメディアミーティング」
https://www.facebook.com/events/145406292688967/

20464845_1992953447607428_1716556189_o.jpg

SNSで誰もが情報を発信できる時代になったことはみなさんもご存知の通りですね。
僕は毎日欠かさず、facebookとLINEを使っています。TwitterやInstagramも利用しますが、すべてfacebookとリンクしています。イベントの作成、告知から、会社組織でいう「ホウ・レン・ソウ」の90%以上をSNSが占めるほどです。

会社の肩書に取らわれず、自分の日々の活動を内外に知ってもらうにはまさに最適なツールなのです。そうした新しい情報のやりとりの手段の中で気を付けたいポイントがあります。

何を正しい情報として捉えるか?
発信する人はどういう心がけをするべきか?


僕は日々いろんな情報や考えを発信していながら、この質問には答えられませんでした。
なので、今後のためにもきちんと残しておきたいと思います。


メディアづくりの5つのルール

徹底的に:できる限りの情報収集を。デジタルの世界にはそのための無限のツールがある。

正確に:正確さは信頼される情報の出発点。事実関係を確かめよ。さらに、もう一度、全部。

公平に礼儀正しく:多様な意見、会話を通じて公平性を保つことができる。会話のルールは、礼儀正しさ。

独立して考える:現実に起きていることを、独立した立場で問いただすには、いったん自分に心地よい価値観を抜け出し、自らを検証してみることも必要だ。

透明性を保つ:できる限り隠し立てをせずに透明性を増せば、信頼は向上する。自らの報道姿勢とその判断についての説明責任を果たすことにもなる。

さらに学べた点として、これらのルールを踏襲しつつ、恐れずに発信・対話する中で新しい知恵が出てくること、専門的な知見をもった人は誰かを見極めることが挙げられます。

反対意見の人は何を根拠に言ってるのかを相手の立場から考察したり、たこつぼ化(きもちのいい同質空間)してしまったコミュニティから一歩引いて、自分と違う価値観に出会うことで、視点の多様性を養うことの重要性も感じました。 

http://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/social_media_b_9945112.html

みなさんも参考にして頂ければ幸いです。

この記事へのコメント