スナックは素晴らしい!

みなさん、こんばんは。

2月は28日までですから、今日が最終日。
何と!明日から3月が始まってしまいます。恐ろしいですね。。。

さて、しぇあひるずヨコハマでは、ラウンジでちょくちょく「スナック」が開かれています(笑)

家でスナック?一体どういうことなのか??

スナックなので、「ママ」がいてお酒を提供してくれます。
ママと言っても20代前半の学生。でも、ちゃんと名刺も作っていて、常連さんに慕われています。
スナックなので、料理は基本的に出ませんが、住民やお客さんが差し入れを持ってきて皆でシェアするので意外とお腹もいっぱいになります。

27459032_1788315411200137_2338463477816050525_n.jpg

実は、しぇあひるずヨコハマがオープンする前から、木造棟のガレージで「屋台スナック」が始まりました。
大学の学祭向けに制作した屋台が、他の場所でも使えないか考えたのがきっかけです。
屋台スナックは、場所はガレージで雑然としているし、おまけに真冬で寒いし(ストーブは出してます)飲み物やつまみも特別に美味しいわけではないのですが、確実に需要がありました。

そこには、いろんな人が立場を越えてざっくばらんに語り合える「場」があったのです。

以前、ホリエモンがこんなことを言っていました。ちょっと引用します。

「飲食店の究極の形は何かというと、コミュニケーションなんです。キャバクラは色恋目当てだけど、スナックへ通う人は恋愛感情じゃなくて人間としてママが好きなんです。あるいは雰囲気が好きとか、常連や仲間がいるから通うとか。人に癒される場がスナックなので、どんなにAIが発達しても、無人スナックは成立しないんですよ」

堀江貴文氏「飲食店の究極の形はスナック」
https://www.inshokuten.com/foodist/article/4537/?page=2

この前のスナックも、常連さんから、新規の方、地域の方、学生までお客さんは色々。
普段の生活の中では交わる機会のない人同士が偶発的に出会い、楽しく語り合う。
場合によっては、癒しや新たな仕事につながる。

そんな貴重なきっかけを、これからもママと一緒に提供し続けていきたいと思います。

この記事へのコメント