2018年最初のイベントは「感動もの」

みなさん、こんばんは!
2018年最初のブログです。今年もよろしくお願いします

ついこの前、年が明けたと思ったらもう二週間も経ってしまいました。
時間の流れ早すぎですね。。。

しぇあひるずヨコハマで初となる年越しは、入居者を中心としたとてもアットホームなイベントになりました。
まず大晦日の夜ですが、みんなで持ち寄ったお酒をワイワイ楽しみつつ、知人に連れられてしぇあひるずにきてもらった、スウェーデン人シンガー、エメリー・トロニエさんの即興生ライブがラウンジで繰り広げられました!

IMG_2667.JPG

まさに、いろんなジャンルの人が集まる空間ならではの贅沢な時間。
年越し蕎麦も天ぷらつきで美味しく頂きました。カウントダウンも、一斉にクラッカーを鳴らすと気持ちが良いですよ。
横浜港の船が一斉に汽笛を鳴らす「除夜の汽笛」も聞こえてきます。


少し落ち着いたところで、地主の本覚寺さん、そして源頼朝が創建した洲崎大社さんへ希望者と初詣に行きました。本覚寺さんではエメリーさんも整理券をもらって、バッチリ「除夜の鐘」をつき、写真をシェアして、「日本の年越し」を友人に自慢していました笑

IMG_2677.JPG

しぇあひるずに戻ってからは、ラウンジで映画鑑賞会を行ったり、仮眠をしたりと自由きまま。
日の出の時間が近づいてきた6時40分くらいから全員でスカイデッキに上り、ベイブリッジから上がる初日の出と、その赤い光に照らされる紅富士と、両方をみることができました!!

IMG_2703.JPG

IMG_2713.JPG

池に氷が張る非常に寒い朝ではありましたが、あまりの美しさに初めてみた人は一同感動した様子でした。

IMG_2707.JPG
そして、身体が冷えたところで再びラウンジに戻り、温かいお雑煮を食べました。
カウントダウンから、初詣、初日の出、年越しそばにお雑煮、すべてまとまって楽しめる場所は、横浜広しといえども、しぇあひるずヨコハマ位ではないでしょうか?

特に、外国の方にとっては地元の人とコミュニケーションをとりつつ、日本文化に触れることができる貴重なチャンスなので、一年に一度の「鉄板」イベントとして今後定着していきそうです。
ぜひみなさんもご参加くださいね!
posted by ちゅーさん at 23:57Comment(0)日記

パーティーが多かった初クリスマス

みなさん、こんばんは!

気が付いたらもうすっかり年末ですね!

こちらは大掃除を終え、お正月飾りをつけ年越しモードですが、
つい数日前までは、クリスマス全開で連日さまざまなパーティーや催しで賑わっていました☆

IMG_2573.JPG

何と言っても、1859年に初代アメリカ領事館が置かれた本覚寺の丘にある「しぇあひるずヨコハマ」は
横浜で初めてクリスマスパーティーが行われた場所なんです!
(記録は残っていませんが、米国領事がクリスマスにノープランな訳がないという解釈です)

25532059_1556624264422560_3510773760523774936_o.jpg

22日には住民限定のクリスマス会を行い、23日にはNPO法人まちづくりエージェーントSIDE BEACH CITY.の
法人設立キックオフパーティーが開かれました。

▼SBC.キックオフ!を開催しました!
https://sbc.yokohama/event-report/sbc-kick-off

25586798_523651984658514_3501748281245950297_o.jpg

住民や、まちづくりの様々なプレーヤーと共に、また一つ横浜の歴史に新しいページを作れたことを嬉しく思います!
30人くらいまでなら、ケータリングの料理やお酒などを持ち込んで、素敵なパーティーが開けますので、お気軽にお問合せください!
posted by ちゅーさん at 21:06Comment(0)日記

自分を導いてくれる人は誰か?

みなさん、こんばんは。

今日は会社経営のお話です。

普段はあまり意識をしていませんが、ときどき「社長」と呼ばれます。
そうです。僕は株式会社の社長なのです。

会社の社長ともなれば、サラリーマンにとって最大の悩みの種ともいえる「うるさい上司」がいなくなるので、ものすごく恵まれた仕事環境のように思われます。ただ、実際に経営者になって日々感じさせられるのは、意思決定を自分自身でしっかり行い、最後までその責任を負うことの、これでもかという「大変さ」に他なりません。
(もちろん良いこともあります)

当たり前のことですが、上司と部下の関係が存在している会社であれば、部下の失敗は上司の責任になります。逆に、上司がいない社長は自らが全責任を負うわけです。

新卒で入った会社、そのあと転職した会社を振りかえってみても、僕は上司その環境に恵まれてきたなと最近よく思います。
愛情をもって叱ってくれたこと、ミスを許し次のチャンスを与えてくれたこと、成果が出ない間もしっかり給料を払ってくれたことなど、本当に有難い限りです。

今日は、ある不動産会社さんの社長と社員の方が、ランチミーティングでしぇあひるずヨコハマにいらっしゃいました。非常に苦労をしながら、ご自身で会社を大きく成長させた社長の話は、説得力の塊のようです。

「とにかく課題に直面したら自分で必死に考え抜くこと」

「マイナスをトントンにするのではなく、十分に儲けを出すこと」

「本気でやるなら、銀行を説得できるところまで具体的に数字を詰めること」

「働き盛りのときに全力でやりきったことは、結果が出なくても財産になる」



心に響きました。
こういう風にやる気を引き出してくれる上司の下で働きたいと純粋に感じるところであります。

僕は、これまでの社会人経験の中で「あの人のいうことは反論せずにちゃんと実行しよう」
と決めている人が何人かいますが、判断に迷ったときにあの人ならどうするのか、想像しながら戦略を練っています。

ただし、矛盾のように聞こえるかもしれませんが、最後に重要な「直感」だけは、自分を信じるしかないという考えも併せもっています。
これまでの成功者と同じ発想をしるうちは、堅実かもしれないけど発明的なものは生まれてこない。
その感覚に近い記事があったので、少し紹介しますね。

▼言った本人も気づかない「イノベーションを阻害する決まり文句」とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00150300-diamond-bus_all

--(一部抜粋)-------------------------------------
社長は「私だって新規事業は立ち上がってほしい。
だから、君たちの案がどれだけ確実に事業となるのか、私を納得させてもらいたいのだよ」と言った。

実はこれこそが、イノベーションを阻害する決まり文句だ。
言った本人すら、これがイノベーションの芽を摘んでいることに気が付いていないのである。
過去の成功体験に縛られている「賢い大人」を最初から納得させることは不可能だ。
もし逆に納得させられる案であったら、それはイノベーションから程遠いと考えるべきだろう。
--------------------------------------------

いかがでしたか、非常に考えさせられますよね。
今年一年のまとめの時期に入ってきますが、多くの方にご指導いただきつつ、頑張ってまいります!

posted by ちゅーさん at 23:10Comment(0)日記