ライフデザインを考える上で「デキる」ということ

みなさん、おはようございます。
朝から日差しの暑い、夏のしぇあひるずです

先週の土曜日、母校の自由学園に行きまして、大学1年生向けのライフデザイン「職業と生き方」という講義でお話しをしました。
間があいてしまいましたが、いろいろ考えさせられたので記しておこうと思います。

この講義は「ライフデザイン」とあるように、大学4年間を過ごしたあとで、自分がどういうキャリアを経て人生を歩んでいくのかを問うもので、今回のテーマは
「学園OBから聞く!学園OBならではのデキる!」学園体験からデキるにどう変換するか?
というものでした。

19647941_1447755268622887_1674423885_o.jpg

こちらの今の事業や、学生時代に取り組んでいたことなどを一通りプレゼンしたあとで、ディスカッションも行われます。
荒井さんにとっての「デキる」ってどういう状態ですか?
という質問を受けたりします。
結構難しいですよね。

僕は、「デキる」というのは、自分と第三者の評価が合致している状態だと話しました。
やったことに対して、フィードバックを得られる、感謝をされる、対価をもらうなどです。

このように説明すると、それは元々「デキる人」だったから、うまくいっているのだ。「デキない人」「失敗した人」の話も聞きたいという意見が出ます。
今回の講義のあとにもそういうアンケート結果が実際にありました。
なるほど、「しくじり先生」みたいな例か。となる訳ですが、そもそも最初から「デキる」人はいるのでしょうか?

僕は今、春から幼稚園に通いだした3歳娘と、春に生まれたばかりの0歳息子の二人を育てていますが、3歳と0歳の成長というか、「デキる」ことの差はものすごいです。0歳はまさにゼロスタート。ほとんど何もできません。

子どもの日々の様子を見てて感じるのは、「デキる人」は元々できるからやるのではなくで、やっているうちに「デキる」ようになっていくということ。
だから、子どもはすぐに散らかしたり、壊したり、怪我をしたりと、失敗の連続で、こっちはその始末に追われますが、その失敗要素を取り除いてしまうと「デキる」状態にはならないんです。

幼稚園や学校に行かずとも、勉強をすることは可能ですが、失敗の多くは他者とのコミュニケーションによるものであり、家庭以外の大勢の人と関わることで、「デキる」ことが増え、それが社会に必要とさせる人となり、キャリアを形成していくのではないでしょうか。

そして、大学を出て社会人となった今でも、やったことがないことから「デキない」というスタンスでは成長は非常に難しい。
新卒社員の研修でも、「まずはやって失敗しろ」と教えられるのはこのためです。

変わりゆく社会の中で必要とされる人であるためには、いつもやっては失敗し、その繰り替しの中で「デキる」ことを身に着け、自身につなげていくことが重要だと考えます。


以上がライフデザインから考える「デキる」でした!
posted by ちゅーさん at 07:24Comment(0)日記

やりたいこと、やるべきことをオープンにしてみる

みなさん、おはようございます。
連日のシトシト雨。梅雨ですね。

週末、ソーシャルビジネススタートアップ講座にてコミュニティ開発のお話をさせて頂きました。

19113698_1392266317525023_6617857637449517957_n.jpg

▼SB講座2017前期
http://massmass.jp/event/sbsp/2017/01/

亜細亜大学での「ボランティア論」の講義や、横浜市の区民活動支援センターの懇親会など
現在の活動をプレゼンする機会が増え、今月はこれで3回目です。

ソーシャル・コミュニティ、建築・まちづくり、起業・キャリアなど、会の内容で少しずつストーリーが異なるものの、しぇあひるずヨコハマのプロセスのオープン化は、あらゆる仕事や活動に通じると考えています。

そうした中で、必ず1回は質問を受けるのは
「会社員時代と仕事が全然違うのに、なぜ今の活動をしているのか?」
という内容です。

その問いの応えとして、僕は次のように話をしていています。

・実家が下町で商売をしていて、まちの中で経営することが身近だった
・敷地のアパートの老朽化が著しく、今後も放置できる状況ではなかった
・子どもが生まれて、これからの日本の社会をよくしたいと真剣に考えた


シンプルいうと、まちづくりをやりたいという気持ちと、やるべき課題が数年で同時に浮上したということです。社会に出て、いきなり自分の将来のビジョンと仕事内容が合致して、何の迷いも違和感もなく働ける人は少ないのではないでしょうか。

だからこそ新しいアクションを始めたいと、僕も2015年に講座に参加しました。
これまでの仕事の延長で収まるのなら、起業ではなく転職した方が経済的にも安心ですが、それでも一歩を踏み出すことに大きな意味があります。

やりたいこと、やるべきこと

最近はそのことを整理することが多いです。
やりたいことは、一人で好きに決めればいいけれど、やるべきことを正しく実行するためには、第三者の評価が必要になります。

考えているだけでは、成功も失敗もしない。


思考をオープンにするためには行動に移すこと。そうすると、周りが反応して、やるべきことも見えてくる。やるべきことをたくさん見つけて、その中無理なくやりたいことを選べることがうまくいく流れなんじゃないかと。

今度の土曜も母校「自由学園」で講義に登壇しますが、毎回いろんな発見があり、参加者からのフィードもあるので、どんどん内容をブラシュアップしていこうと思います。
posted by ちゅーさん at 05:53Comment(0)日記

楽をしよう。楽しく暮らそう。

長男の誕生と、グランドオープンの怒涛の4月後半を乗り切り、子育てと、住まいの運営を考える余裕が少しずつ出てきました。
新緑から深緑へ、しぇあひるずの景観も変わり、そろそろ畑を何とかしないとな。なんて思ってみたり。ただ、出産やオープンまでの間はひたすらタスクを洗い出しして、優先順位を決めて、かなり追い込んでいました。一応、会社としての利益も出さないといけないので、それ自体否定はしませんが、暮らし方まで「ねばならない」「すべき」を自分や周囲の人に押し付けていたのかな。と反省しています。

「楽をすること、楽しことをすること。」
むしろこっちを目標にするぐらいで、ちょうどいんじゃないでしょうか。

特に小さい子どもがいる家庭では、それを目指すと誰かに怒られる気がして、どんどん内側に負担を溜めていって、うまくいかないと自分やパートナーを責める方向に走ってしまいがちですが、意外と子どもは育ってくれます。
僕がしぇあひるずを開いてよかったな、と直感的に思ったのは、僕も妻も手がふさがっているときに母が娘を見てくれること、母も手がふさがっているときは、隣の家に住む小学生の女の子が、一緒に遊んでくれたこと。
お願いをしていなくても、周囲の人が娘の面倒を見てくれることが嬉しい。これがもし自宅で誰も助けてくれる人がいなかったら「今忙しいから!」とストレスを娘にぶつける毎日だったはず。結果的に、楽で楽しい環境になっていたわけです。

以前、幼稚園の保護者の会に参加したとき、ひとりずつ自己紹介を聞いていて、ママたちが
「お酒が好き」「旅が好き」
と大人の時間を過ごしたがっていることに気がつきました。

幼稚園に子どもを預けて一人になれる時間。子育てから解放されて、気持ちに余裕が出てきたのでしょう。自分の楽しみはこうだ!っていう雰囲気は意外であり、そういうニーズに対して、しぇあひるずが応えることができたら素敵だなと。子どもを連れてバーカウンターがあるお店にいくのはハードルが高くても、ラウンジだったらそれができるんです。
実際、近所のパパが集まってビールを飲んでいる光景は本当に楽しそうで、
「しぇあひるずの近所に住んでいる人が羨ましい」
と別のママが話していたのが印象的でした。

そういう楽しみをシェアできる人と、ここで暮らしたい。特にしぇあひるずのRC棟「空」の部屋は、カップルや若い夫婦に住んでもらえたら嬉しいです。

【一緒にひるずで暮らしませんか?】
https://www.hituji.jp/comret/info/kanagawa/yokohama/share-hills-yokohama
posted by ちゅーさん at 07:16Comment(0)日記