情報発信者としての責務とブログ・SNS

みなさん、おはようござます。

今日もこういてブログを書くワケですが、情報を発信する上での心がけを学ぶ機会があったので備忘録としてもきちんとまとめておこうと思います。

▼第2回「かながわローカルメディアミーティング」
https://www.facebook.com/events/145406292688967/

20464845_1992953447607428_1716556189_o.jpg

SNSで誰もが情報を発信できる時代になったことはみなさんもご存知の通りですね。
僕は毎日欠かさず、facebookとLINEを使っています。TwitterやInstagramも利用しますが、すべてfacebookとリンクしています。イベントの作成、告知から、会社組織でいう「ホウ・レン・ソウ」の90%以上をSNSが占めるほどです。

会社の肩書に取らわれず、自分の日々の活動を内外に知ってもらうにはまさに最適なツールなのです。そうした新しい情報のやりとりの手段の中で気を付けたいポイントがあります。

何を正しい情報として捉えるか?
発信する人はどういう心がけをするべきか?


僕は日々いろんな情報や考えを発信していながら、この質問には答えられませんでした。
なので、今後のためにもきちんと残しておきたいと思います。


メディアづくりの5つのルール

徹底的に:できる限りの情報収集を。デジタルの世界にはそのための無限のツールがある。

正確に:正確さは信頼される情報の出発点。事実関係を確かめよ。さらに、もう一度、全部。

公平に礼儀正しく:多様な意見、会話を通じて公平性を保つことができる。会話のルールは、礼儀正しさ。

独立して考える:現実に起きていることを、独立した立場で問いただすには、いったん自分に心地よい価値観を抜け出し、自らを検証してみることも必要だ。

透明性を保つ:できる限り隠し立てをせずに透明性を増せば、信頼は向上する。自らの報道姿勢とその判断についての説明責任を果たすことにもなる。

さらに学べた点として、これらのルールを踏襲しつつ、恐れずに発信・対話する中で新しい知恵が出てくること、専門的な知見をもった人は誰かを見極めることが挙げられます。

反対意見の人は何を根拠に言ってるのかを相手の立場から考察したり、たこつぼ化(きもちのいい同質空間)してしまったコミュニティから一歩引いて、自分と違う価値観に出会うことで、視点の多様性を養うことの重要性も感じました。 

http://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/social_media_b_9945112.html

みなさんも参考にして頂ければ幸いです。
posted by ちゅーさん at 08:55Comment(0)情報

しぇあひるずヨコハマの関連ページ

みなさん、おはようございます。
お知らせが遅くなりましたが、PR動画をまとめたチャンネルを作りました。

住宅型複合施設「しぇあひるずヨコハマ」の提供する動画チャンネルです
https://www.youtube.com/channel/UCEAkiVIrv9jbgGcR_2J14xg

例えば、大学の講義や新しい入居者への説明には全篇(240秒)、複数の方々の中での宣伝には90秒篇、などなど利用のシーンに応じて、3つの動画を使い分けています。
シェア大歓迎なので、どんどん拡散してくえたら嬉しいです

それから、ひつじ不動産のサイト内でも記事ページが開設されました。
「いつかの横浜、これからのヨコハマ」という素敵なタイトルです。こちらも是非ご一読ください
https://www.hituji.jp/comret/info/kanagawa/yokohama/share-hills-yokohama/special/2630

引き続きよろしくお願いします!
posted by ちゅーさん at 06:47Comment(0)情報

メディアによる紹介

みなさま、おはようございます。
しぇあひるずはとても過ごしやすい朝を迎えています

テレビの取材(割と密着の方)がこの一週間で何回かあり、
メンバーとの打ち合わせや、入居者インタビュー、イベント参加の様子まで
かなり時間をかけて撮影をおこないました。

こちら、6月1日の午後にオンエアされます。

さらに木曜日には、インターネットラジオの収録もおこない、これも6月下旬にオンエアされる予定です。
メディアに紹介されると、しぇあひるずのコミュニティ以外の問い合わせが増えます。
大変喜ばしいことではありますが、それなりの心構えが必要です。

先日は地元メディアタウンニュースさんにもご紹介いただきまして、町内会、幼稚園関係者など、いろんな方々から反応がありました。

高島台に住宅型複合施設 まちづくりの拠点へ
http://www.townnews.co.jp/0117/2017/05/11/381299.html

今後のメディア露出をいかにうまくコントロールするか、次のチャレンジが見えてきました。
posted by ちゅーさん at 07:30Comment(0)情報