一時利用者も募集スタート

みなさん、こんにちは

3月31日年度末の週末です。
しぇあひるずの桜の開花から6日ほど経ちましたが、また一分咲といったところでしょうか。

工事はというと、内部の照明や設備などもついてきて、ワクワクが止まりません

3f.JPG

地元の町内会の方、横浜で活動するNPOの方、その他さまざまな方から
「レンタルできないか?」というお問い合わせを頂くようになりました。

正式にWEBサイトなどを設けていくつもりですが、活動拠点、特に週次、月次など定期的な会議や交流会をされている方に関しては、メンバー制度として優遇するシステムを導入いたします。

2f.JPG

完成前ですが、ご利用可能なスペースの写真を少し公開いたしますので、ぜひご検討ください!

内覧をご希望の方はWEBサイト問い合わせフォーム
http://coco-kurasu.co.jp/contact.html

もしくは、facobookページよりメッセージください。
https://www.facebook.com/sharehills/


尚、建物の2棟の引渡しは4月10日。その後2-3週間ほどかけて外構の修繕も進めていきまして、ゴールデンウィークの最初にオープニングイベントを開催いたします!
よろしくお願いいたします!
posted by ちゅーさん at 11:06Comment(0)情報

そろそろ入居募集かけますが残り2部屋です

みなさま、おはようございます。
すっかり春を感じられるようになった今日この頃。
しぇあひるずヨコハマは7時で気温10℃を超えています。
かなり寒さが和らいできましたね

さて、しぇあひるずの共同住宅2棟について
SNSの掲示板で名前を募集しておりましたが
家族や入居者さんと審議をした結果、次のように決定しました

CB造3階共同住宅 「海 -UMI-」
もっとも古く、海に近いこと。 
神奈川湊、神奈川沖浪裏の歴史を継ぐ。

RC造3階共同住宅 「空 -SORA-」
もっとも高く、空に近こと。
かつての「スカイハイツ」の名を継ぐ。

木造2階戸建  「陸 -RIKU-」 
もっとも新しい唯一の木造であること、
「母屋」だった家族の暮らしを継ぐ。

SHYMAP.JPG

みんなで考えて決めた名前なので周囲からの評判もよく
僕もとても気にいっています。

2棟それぞれ完成の日程に1週間~10日ほど差がありますが
現在決定している入居者さんは4月の初旬に引越しがスタートです。

気になる入居の状況ですが、
「海 -UMI-」1階真ん中、「空 -SORA-」1-2階メゾネット真ん中
の2部屋が募集中となっております!!


内覧をご希望の方はWEBサイト問い合わせフォーム
http://coco-kurasu.co.jp/contact.html
もしくは、facobookページよりメッセージください。
https://www.facebook.com/sharehills/

尚、これまで入居が決まっている方に共通しているのが、
私か家族と食事1回以上かつ3時間以上のコミュニケーションをとっていること

その人の生き方、しぇあひるずで実現したい暮らしや活動
僕の子どもとの接し方などを判断しているためです。


立地や間取り、設備といった、物件のスペックで住まいを探されている方には
向いていないので、ご理解いただければ嬉しいです

us.JPG

次回は内観もアップしますのでお楽しみに!!
posted by ちゅーさん at 07:52Comment(0)情報

都市の公共空間がもっと自由に使えたら

みなさん、おはようございます
そしてメリークリスマス!!

クリスマスの朝と言えば、子どもの頃は一番ワクワクしたものですが、
大人になってもそういう気持ちになりたいものです。

さて、先日21日に次のような記者発表が横浜市からなされました

【記者発表】市内の公園の活用について「サウンディング型市場調査」を実施します
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/kisha/h28/161221-1.html

<調査の背景と目的>抜粋
公園の整備が進みストックが増大するなかで、都市における様々な問題を解決するために公園が持つ多様性を最大限発揮するよう公園を使いこなすことや、厳しい自治体財政を踏まえつつ老朽化した施設の更新や魅力向上を行うことが求められるようになってきています。
本調査は民間事業者等の皆様との対話を通じて、質の高い管理や施設、空間の特性を活かしたプログラムにより市財政へ寄与しつつ、公園や周辺地域の魅力を高めるような事業展開の可能性を検討するものです。

何やら硬い感じですが、平たく言うと、

公園のスペースを利用して、カフェ、スポーツ、グランピング、いやいやもっと楽しい運営を一緒に考えていきましょう

というもの。

公務員の方々の温度が高く、しかも市内の公園すべてを対象にしているので、
クリスマスプレゼントを開ける前のようにワクワクしています

そして、よく考えなければならないのが以下の点。

・公園や周辺地域の魅力向上、賑わい創出への視点
・周辺地域との連携や地元調整への対応

やるからには事業として稼がなくてはならないのですが、周辺に魅力が波及していかなくては、
人が集まるだけ集まって、騒音やゴミなどの苦情の原因になりかねません。

しぇあひるずが「長屋広場」として特に周辺地域に気を配っているのは、
その空間・瞬間だけで盛り上がっていても意味がないと思っているからです。
失敗したからといって、敷地からの撤退はできません。

せっかく用途が大きく広がるからには、エッジを効かせたものにしたいですが、
その場を創るプロセスをオープンにし、なるべく早い段階で周辺地域の人々に参加してもらい、
「こういう場がずっとあったらいいな。運営したいな。」
という雰囲気にさせるのが大事かと考えています。
posted by ちゅーさん at 08:33Comment(0)情報