「好奇心の赴くままに」という生き方

みなさん、おはようございます。

気が付けば10月ですね。
早いですね。

さて、9月29日発行のタウンニュース神奈川区版にて
地域で活動する人を紹介する「人物風土記」に紹介頂きました。

14520424_1258981934133490_8570953505378441640_n.jpg

「好奇心の赴くままに」というサブタイトルで、
僕の生き方を表現頂きました

こちらのURLから確認できます↓
http://www.townnews.co.jp/0117/i/2016/09/29/350372.html

記者の方からの、「学生時代にどんな学びや活動を行っていたか?」
という質問に対し、タイやネパールへの訪問もお話させて頂いたのですが、
やはりサハリンへの渡航が一番インパクトが強かったようです。

僕の、好奇心によって突き動かされるパワーというのが、
今のしぇあひるずの事業にも結びついてることが改めて気づかされました。


▼ユジノサハリンスク訪問

サハリンの中心都市は、かつて樺太庁が置かれた
ユジノサハリンスク(旧豊原市)です。
人口は約20万。
稚内が5万人程度だと考えると、かなり大きな都市と言えます。

冷戦時代の「レーニン像」や、神社を壊して作られた「戦勝記念広場」があり、
ああ、やっぱり極東ロシアって何となく日本に敵意があるのかな?
というふうに捉えることもできます。

P7120144.JPG


P7120165.JPG


▼イメージが覆る感覚が楽しい

しかし、コルサコフ港からホテルまでの1時間程度、
地元の方(例のロシア美女二人)と話しができたことによって
サハリンの人のイメージが180°変わりました。

まずサハリンの人々は親日であること。


鉄のカーテンで閉ざされた海峡を越え、初めてサハリンから北海道にやってきた
幼い男の子・コンスタンチン君

暖房用の熱湯を全身に浴びるという事故によって、重体となった彼を救うべく、
外交の常識を超える方法で、北海道の病院まで緊急搬送したことは、
あの「プロジェクトX」でも紹介された、多くの人に感動を呼ぶ出来事でした。

当時サハリンでも歴史的なニュースとして取り上げられたそうです。

その後、サハリンは、北部の油田や天然ガス産地からの
パイプラインや、南部の巨大エネルギープラント開発が進み、
日本の総合商社やゼネコンの資本も多く入るようになりました。

通訳をしている彼女らは、そういったハイエンドな仕事をこなす
ビジネスパーソンを普段から相手にしているのです。


「だから、丸の内を歩いてもおかしくない上品な雰囲気なのか!」
(むしろ極東ロシアにいる方が違和感がある笑)
妙に納得しました。

そして、大して観光客がいないわりに、
ホテルが予約でいっぱいなのも、プラント開発のせいなのだと理解しました。

しかし、サハリンにはコンビニやファーストフードがありません。
(僕はそういう地域が大好きです!)

P7120175.JPG

「もし世界中どこにでも住めるとしたら、どの国に住みたいか?」
と尋ねると、

「日本かアメリカがいい」

と年が2歳しか違わない研修中の彼女は答えました。
理由は日本語も英語も話せるし、より豊かな暮らしをしたいのだそうです。

「もし夏休みに世界中どこにでも行けるとしたら、どこに行きたいか?」
と尋ねると、

「パリでお買い物をしたい!」

と笑顔で答えてくれました。

道路を走る車は、ほとんどが日本からの中古車で、
日本車の割合は、欧州車が人気の日本よりも多いほどです。
住民のほとんどは、団地のような味気ないアパートに住んでいました。

P7130004.JPG

さらに古い建物になると、旧北海道拓殖銀行の豊原支店ビルなんてのも
残っていたりして、かつての日本をしのばせます。

P7120176.JPG

住宅も商店も、一階部分の窓には鉄格子があり、
万引き防止なのか、商品はカウンターの奥の棚に陳列され、
店員に欲しいものを言わないと、とってくれない仕組みでした。
英語も通じないので結構苦労しました。。。

それでも、お店の人は、何をいってるのかサッパリ分からない
ロシア語で一生懸命説明をしたのちに、
チェブレキという具入りパンを、わざわざレンジでチンしてくれました。

ロシア正教の美しい教会の前では、青年から英語で写真撮りますよ?
と声をかけてくれたりもしました。

P7120151.JPG


▼知らない世界を知ること

僕が感じたサハリンというのは、日本人の心理状態からすると
終戦60年経っても、まだ冷戦が続いている場所でした。

でもそれは一方的な偏見であって、
サハリンの人々は日本との交流を望んでいること。
それが感覚としてとてもよく理解できたのです。

この数日間、日本とロシアをめぐる両国関係改善のニュースを
たくさん見かけるようになりました。

(シベリア鉄道 北海道まで延伸を 日露経済協力協議で建設案浮上)
http://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/161003/mca1610030500006-s1.htm

もしかしたら、電車乗ったままサハリンに行く日が来るかもしれません。

そのときは是非、サハリンの人々はフレンドリーだったということを
思い出してくれたら嬉しいです。
posted by ちゅーさん at 09:08Comment(0)情報

「つなぐひと」という役割の必要性

みなさん、こんばんは。

8月も気がつけば終わりですね。
8月31日と言えば、夏休みの宿題で追われる日ですが、
大人になっても、やらなきゃ行けない宿題が山盛りで困ってしまいます。

先日、こちらのブログでもローカルの情報を発信するメディアを創りたいと書きましたが、
メディアはちょっとハードルが高いので、

「神奈川区エリアイノベーターズ」

というfacebookのグループを夏の最後に作りました!

https://www.facebook.com/groups/1084379924985529/

今のしぇあひるずの活動をはじめて10ヶ月余りですが、
いろんなイベントや場所に出向くと、本当にたくさんの方とお会いするワケです。

すると、
「実は神奈川区が地元でして…」とか
「横浜の歴史散策やってます」とか、


「なぁんだメッチャご近所じゃないですか!」

というシーンにしょっちゅう出くわします!

僕が参加するイベントに来ている人は、多かれ少なかれ自分の活動を盛り上げたい。
という思いを持ち合わせているので、

「facebook使ってますか?是非今度一緒に何かやりましょう!」

 という話に90%くらいの確率でなります。

それがきっかけで本当に始まっちゃうスピード感、ライブ感が僕は大好きです

この、たまたま知り合った人と意気投合して
何かが始まる状況をつながりステージ1とします。

さらにステージ1を重ねていくと、初めて会った方でも、

「何かこの人、○○さんと同じことやりたいと思っているな」

という状況が現れてきます。

 本当に同じことをやりたいのかどうか検証は難しいのですが、
 話の文脈の直感だったり、facebookの共通の友達だったりで、大体合っていると思います。

その初めて会った人と、すでに一緒に何かをやっている人を、たまたまではなく、
意図的に知り合わせて何かを始める状況が、つながりステージ2だと思っています。

今回はグループによって、つながりステージ2のきっかけ作りをしたのと、
同じタイミングで、横浜駅近くのお店で、共通のビジョンをもった人を
つなぎ合わせるディナーミーティングをしました。

そこで感じたことは、
「また今度お話聞かせてください」とか
「有益なイベントがあればお知らせします」とか
口で言うのは簡単でもすぐに行動に移す人は案外少ないこと。

結局のところ、別の機会で会ったときのお話も、招待されるイベントも過程でしかなく、
本当に出会えたらすぐに企画が始まるような、
即効性のある場が必要とされているのだと思います。

まだまだ手探り感は否めないですが、つながりが出来てきた次のステージとして、
「つなぐひと」としての役割を担っていきたいです。
posted by ちゅーさん at 23:37Comment(0)情報

施工の契約手続完了とイベント諸々

みなさん、おはようございます!

関東地方が梅雨明けして、ちょうど1週間。

スカッと晴天が続くかと思いきや、連日一時的に強く雨が降ったりして、
本格的なジリジリと暑い夏の雰囲気は感じられません笑

この1週間はかなりいろんな動きがありました。


▼施工の契約

まず、しぇあひるずの施工を実施するキクシマさんとの本契約です。

(まだまだ準備しないといけない書類など沢山ありますが)

これにより、デザインを担当する曽根デザイン事務所さんとも
具体的な打合せを進めていけるようになり、
早速、週末には第1回目のプレゼンテーションもして頂きました。

カッコ良すぎる完成予想CGに、心踊りました!

どういった空間になるのか、もう少しこちらの要望を盛り込んだら、
みなさんにも公開して、暮らし方、使い方を話して行きたいです。

もう少々お待ちください!


▼なぜキクシマさんか?

「工事やデザインはどこにお願いするのですか?」

よく聞かれる質問ですが、選定のポイントは主に4つあります。

①横浜を愛してやまないメンバー同士のコミュ二ティがある。
②鉄筋コンクリート造の大規模工事の技術をもっている。
③施工側とデザイナー側の連携がスムーズである。
④面白いまちづくりを行っている。

横浜で様々な活動している方々とのネットワークの密度の高さで、
キクシマさんを上回る建設会社は多分ないと思います。

主催するイベントや社会貢献活動も、魅力的なものが多いのが特徴です。

まちを楽しくするストリートファニチャー
http://www.kikushima.co.jp/?page_id=21422


▼本格始動はいつか?

これから建物の実測や設計などを行い、
工事に取り掛かるのは11月以降になる見込みです。

グランドオープンは2月下旬を予定していますが、
それまでにもイベントを企画していきます。

例えば、2日の神奈川新聞花火大会に合わせたバーベキュー大会。
野良ITでもお世話になったH-Renさんのケータリングや
地元JO'sBurgerさんのデリバリーもコラボして大盛況でした

6日には落書き系アートイベントも行われます!
http://asobii.net/24582

こちらは、あそびい横浜さんにご紹介頂いた記事で、
広く一般の方へのイベントとして認知されはじめています。

ですので、工事が始まるかどうかに関わらず、なるべく多くの方と、
このリノベーションのプロジェクトを進めていけたらと考えています!

引き続きよろしくお願いします
posted by ちゅーさん at 08:55Comment(0)情報