築古の賃貸物件をどのように改修・収益化するか?

みなさん、こんにちは!

今年も気がつけばあと1週間となってしまいました!
あまりの仕事量、イベント、忘年会、年賀状、大掃除など、やることが山積み過ぎて、今年を終われる気がまったくしません!
さて、どうしたもでしょうか???

僕の仕事は暮らしを運営することなので、基本的に「仕事納め」という概念がないのですが、いわゆる不動産業的な視点に立てば、1月~3月に掛けてが繁忙期であり、その直前の年末も当然忙しくなります。
なぜ1月~3月が繁忙期なのかというと、進学や就職などに合わせた物件の契約更新が3月に集中するためです。

僕が築古物件再生のエキスパート「モクチン企画」のメンバーとして協働していることは、以前にも書かせて頂いたと思います。
モクチンレシピ」という改修のアイデア集を公開することで、木造賃貸アパートを中心とした物件を戦略的に活用していくNPO団体です。

▼モクチンレシピ
https://mokuchin-recipe.jp/

今年1年を振り返ると、「うちの古い物件をどうしたらよいか?」という相談をよく受けるようになりました。その背景にあるのは、物件のオーナーさんの世代交代です。
通常、オーナーさんはその一族の「長」であることが多く、高齢化が進んでいます。
しぇあひるずの時もそうでしたが、オーナーさんが若い頃(例えば40歳)に建てた物件は、40年も経てば立派な築古物件となり、オーナーさんもまた、管理能力がなくなってきているという状況です。そうなると、その下の世代は、おのずと売却や改修や建て替えを考えることになります。

そうした選択肢の中で比較的リスクの少ないのが、改修によって新しい入居者を募集する方法ですが、毎回毎回、個別に相談に乗ったり、改修にまつわる手順を手取り足取り教えてたのでは、時間がまったく足りません。

そこで、モクチン企画では、物件改修ノウハウを伝授する特別講座、「モクチンスクール」を1月21日に開講いたします。

school_main.png

▼モクチンスクール詳細および申込
https://mokuchin-recipe.jp/terms/school/


大家さん、不動産会社さん、工務店さん向けではありますが、どなたでも申し込み可能なので、気になる方はぜひチェックして頂けると嬉しいです!

2018年残りあとわずかですが、張り切っていきましょう!
posted by ちゅーさん at 11:22Comment(0)相談

【神奈川区リビングラボ発足】産官民学の協働型まちづくり

みなさん、おはようございます。

前回のブログで梅雨に入りました!と書き込んだのですが、なんと昨日関東地方で梅雨開けが発表されました!
6月のうちから早くも夏本番ということですね。体がまだ暑さに慣れていないので、体調管理に気をつけたいです。

さて、みなさんは「リビングラボ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「リビングラボ」とは、市民や企業、行政、大学など様々な主体が協働し、暮らしを豊かにするためのモノやサービスを生み出すための、地域内での社会実験および活動のことです。

横浜市では、このリビングラボを都市経営課題解決の政策として取り入れており、市内各所でこのような取り組みや拠点開設が進められています。

そして今回初めて、しぇあひるずヨコハマがリビングラボ神奈川区版の拠点として、その役割を担うこととなりました!

34774715_1728254010592917_6826114806274064384_n.jpg

しぇあひるずヨコハマでのリビングラボは、その立地の特性も活かして、各拠点のネットワーク化を推進することをテーマにしました。それぞれの当事者がバラバラに活動するのではなく、束となってエリアマネジメントを効果的に行うことが狙いです。

34752177_1728253997259585_4874311874029551616_n.jpg


プレゼンテーションは、横浜市政策局を筆頭に、相鉄ビルマネジメント、相鉄アーバンクリエイツ、東急電鉄といった鉄道会社や、横浜市住宅供給公社、経済産業省まで参加するという、極めて濃いメンバーでの発表で、再びタウンニュースにも取り上げられました。

▼神奈川区でリビングラボ
https://www.townnews.co.jp/0117/2018/06/14/435939.html


34862085_1728254087259576_8091694149163548672_n.jpg

懇親会での盛り上がりも含め、具体的なプロジェクトに発展させていくエネルギーを強く感じる内容でした。
ケータリングは、ハロウィンイベントや横浜市民活動支援センターの歓送迎会にもおいしい料理を作っていただいた「H-ren」さんに提供して頂きました。

36175856_1930872626957725_9001024938605281280_n.jpg

今回のネットワーク形成の成果は、早速平沼のリビングラボに引き継がれ、経済産業省の協力を得て、横浜西口エリア・平沼エリアとの連携したプロジェクトに発展させていきます。
このリビングラボをきっかけに、具体的なイベント開催も決定したので、今後にご期待ください!

posted by ちゅーさん at 07:29Comment(0)相談

6月のメディア掲載情報

みなさん、こんばんは!

関東地方は6月6日に梅雨入りしまして、しぇあひるずヨコハマの紫陽花もキレイに咲いています。

今日は、再びメディア掲載のシェアになります。

テレビ神奈川「神奈川ビジネス Up To Date」
『神奈川の空き家問題を探る』
https://www.youtube.com/watch?v=qhWUK9PM68g

こちらは5月21日放送分ですが、今月から公式YouTubeより視聴できるようになりました!
ただし、取材に来たときの体調が芳しくなく、ハスキーボイスなので御容赦くださいね。

もう一つは、先般もブログで書かせて頂いたアワード受賞の記事です。

タウンニュース「しぇあひるずヨコハマ 建築アワード受賞」
https://www.townnews.co.jp/0117/2018/06/07/434891.html

a000769883_01.jpg

こちらは神奈川区版ですが、トップ記事になっています。
横浜のメディアにこのように取り上げて頂くのは本当に嬉しいですね!

また、昨日は東京ビッグサイトで開かれている賃貸住宅フェア2018に、セミナー講師として登壇してきましたが、こちらでも不動産メディアから取材の申し入れがありました。
有名になることが目的ではなく、プロジェクトが多くの方に認知され、空き物件を地域づくりに活かすオーナーさんが一人で増えてほしいと願っています!
posted by ちゅーさん at 22:31Comment(0)相談