台風接近とイベントの開催可否について考える

みなさん、こんにちは!

9月の最終日は台風で在宅作業となりました。
楽しみにしていたイベントも中止となり残念です。

自分でいうのもアレですが、僕個人はどちらかというと「晴れ男」なので、自分が主催する、しぇあひるずヨコハマでのイベントはこれまで一度も雨天中止になったことがないのが自慢です。

とはいえ、最近の天気の傾向をなめているワケではありません。

地域活動の一環で、神奈川区内の別のスペースでイベントを共催することもありますが、7月末に「みんなの食場」という子ども食堂で「夫婦のコミュニケーションを学ぶトーク会」をおこなったときには、台風12号の接近に伴い早々に延期を決断をしました。

小さい子どもが参加するようなイベントは、天気が悪くなると一気に参加率が下がります。私も幼稚園の娘と1歳の息子がおりますが、雨の中を小さい子を連れて出かけるのは本当に大変です。しかも、食事付きのイベントになると余った食品を廃棄する「フードロス」のリスクも出てしまうため、無理は禁物なのです。

日程を再調整し、今月にようやく開催することができ、タウンニュースさんにもその時の様子が掲載されました。

townnews.JPG

▼夫婦コミュを推進するには 専門家とトークイベント
https://www.townnews.co.jp/0117/2018/09/20/449071.html

このときは屋内の開催でしたが、これがバーベキューや外遊びのイベントだったらもっと影響が大きかったことでしょう。
そう思うと、夏の間にキャンプやプール、ワークショップなどいろいろな会が開けたのは、ラッキーだったなと思います。

今回の台風も本格的に影響が出るのはこれからの時間です。
みなさんも、くれぐれも無理のないように安全にお過ごしください!
posted by ちゅーさん at 17:23Comment(0)社会