近日中のイベントのお知らせ

みなさん、こんにちは!

日差しが段々と暖かくなり、春を感じるようになってきましたね!
一方で花粉でお悩みの方もたくさんいるようです。

さて、春と言えばイベントが多くなる季節。
しぇあひるずヨコハマで今後開催されるものを、ざっと紹介いたします。

3月21日(水)15時~18時
「プロボノワーカーに質問」仕事のやりがいを教えて!学生時代の夢と現実
http://www.tokyuensen.com/sp/event/detail/6128/
こちらは、YOKOHAMA ACTION PLANNERさん主催の、仕事をテーマにした座談会です。
何か学びや、気づきを得たい方にお勧めです!


3月23日(金)19時~21時

第9回 神奈川区を盛り上げる会!
https://www.facebook.com/events/197776094147629/
神奈川区の方を中心にした飲み会です。地域の話題を語りたい方が集います☆
持ち込み品大歓迎です!!

4月1日(日)11時~20時
しぇあひるず春の文化祭2018
https://www.facebook.com/events/2091037567831413/
そして、一番気軽に参加できるのが、こちらのイベント!
ライブやパフォーマンが楽しめる他、出店で飲み物や食事も販売しています!
入場は無料で、各会場やお店でお金を払う方式です☆

ちょうど桜が満開の時期ですので、お花見気分でみんでお出かけくださいね!!

スナックは素晴らしい!

みなさん、こんばんは。

2月は28日までですから、今日が最終日。
何と!明日から3月が始まってしまいます。恐ろしいですね。。。

さて、しぇあひるずヨコハマでは、ラウンジでちょくちょく「スナック」が開かれています(笑)

家でスナック?一体どういうことなのか??

スナックなので、「ママ」がいてお酒を提供してくれます。
ママと言っても20代前半の学生。でも、ちゃんと名刺も作っていて、常連さんに慕われています。
スナックなので、料理は基本的に出ませんが、住民やお客さんが差し入れを持ってきて皆でシェアするので意外とお腹もいっぱいになります。

27459032_1788315411200137_2338463477816050525_n.jpg

実は、しぇあひるずヨコハマがオープンする前から、木造棟のガレージで「屋台スナック」が始まりました。
大学の学祭向けに制作した屋台が、他の場所でも使えないか考えたのがきっかけです。
屋台スナックは、場所はガレージで雑然としているし、おまけに真冬で寒いし(ストーブは出してます)飲み物やつまみも特別に美味しいわけではないのですが、確実に需要がありました。

そこには、いろんな人が立場を越えてざっくばらんに語り合える「場」があったのです。

以前、ホリエモンがこんなことを言っていました。ちょっと引用します。

「飲食店の究極の形は何かというと、コミュニケーションなんです。キャバクラは色恋目当てだけど、スナックへ通う人は恋愛感情じゃなくて人間としてママが好きなんです。あるいは雰囲気が好きとか、常連や仲間がいるから通うとか。人に癒される場がスナックなので、どんなにAIが発達しても、無人スナックは成立しないんですよ」

堀江貴文氏「飲食店の究極の形はスナック」
https://www.inshokuten.com/foodist/article/4537/?page=2

この前のスナックも、常連さんから、新規の方、地域の方、学生までお客さんは色々。
普段の生活の中では交わる機会のない人同士が偶発的に出会い、楽しく語り合う。
場合によっては、癒しや新たな仕事につながる。

そんな貴重なきっかけを、これからもママと一緒に提供し続けていきたいと思います。
posted by ちゅーさん at 23:27Comment(0)日記

そもそも「シェアハウス」とは何か?

みなさん、こんにちは。

少しずつ日も長くなり、暖かい陽気の日も出てきましたが、我が家ではインフルエンザが流行して先週は大変な日々を過ごしておりました。みなさんは、体調管理十分にできていますか?

さて、ちょっと前になりますが、しぇあひるずヨコハマがメディアに紹介されました。

SUUMOジャーナル および 東洋経済
「40代以上の大人」が集うシェアハウスの実際
http://toyokeizai.net/articles/-/206340

いろいろ反響もあり、コメント欄も大変参考になりました。あまり例のない取り組みですが、共感してくださる方々がいて、とても嬉しく思います。補足するべき点としては、しぇあひるずヨコハマは「シェアハウス」とはちょっと形態が異なるのと、しぇあひるずの大家も厳密には私の母であるということでしょうか。

シェアハウスというのは、一番狭い定義では1軒家のキッチンやお風呂をシェアして、それぞれの個室に入居者が住むことを指します。最近ではいろんなタイプがあるので、入居を希望する方からの問い合わせに対して、次のように返信をしています。

-------------------------------------------------------------
本物件は通常のシェアハウスとは異なり、すべての部屋の玄関は独立。
シェアダイニング、お風呂、シャワーブース、スカイデッキ、庭、畑のスペースなどを共有する
「ソーシャルアパート」と定義されています。
-------------------------------------------------------------

そして大事なのは、部屋割りや設備、運営方法ではなく、住む人のコミュニティです。
一人ひとりが独立したライフスタイルを送りながらも、時間や空間やモノや経験をシェアできることに重点をおいています。


今シェアハウスとして話題になっているのが、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」ですよね。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」頓挫 所有者700人、混乱拡大
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018021702000145.html

オーナーも会社も、当時者としての意識が低くかったのでは?と思えてしまうこの問題。
コミュニティの重要性に照らし合わせたとき、ただ単に建物に共有部分を設けて、安く人を住まわせるような家は、シェアハウスと呼んで欲しくないというのが本音です。
必要なのは、人と人とのつながりある暮らしを大事にできるかどうか。

27654866_1571921572862411_6684539151431572279_n.jpg

私は「大家の学校」という場で、「愛のある賃貸住宅」について学び、先日は卒業生として取組みを発表する機会をいただきました。

▼大家の学校第四期 
http://mamekurashi.com/oyanogakkou04/

まちと家と人が、その枠を超えて生活するときに、必ず何か「シェア」が生まれます。
「建物」ではなく「人」が主体となる住まいが街に増えていくことを願っています。

posted by ちゅーさん at 14:59Comment(0)情報